特集

スタイリスト大島さんのきれいめブラウス着回しコーデ

程よくきちんと感がでてボトムスも選ばない、万能アイテムのブラウス。そんなブラウスをこよなく愛するスタイリスト・大島 愛さんのリアルなブラウス着回しコーデをご紹介します!

こちらもチェック

ブラウスコーデ65選【2021春夏】甘すぎないキレイめな着こなしを伝授!

【クール編】着回したのは…Editionのブラウス

「ドロップショルダーでサイドにスリットが入ったバックテールデザイン。シンプルなデザインだからこそ、柔らかくややとろみがあるグレー寄りのスミ黒とシアー素材がポイント。角度によって程よい光沢が出るところもお気に入り。前後差のある長めの丈も使いやすいです」

パターン① ピンクのテーパードパンツと合わせて旬度抜群に

  • 「ドロップショルダーでサイドに

    「今季は珍しく色が気になっていて。ボトムスにピンクを選んで甘さと華やかさを足しました。パンツは柔らかな生地だけどセンタープレスで落ち感もありブラウスとも好相性。パンプスもフラットなので、ややカジュアルな雰囲気に。適度にキレイめだから仕事や通勤にもいいし、色ものがあるのでママ友と会う時にも着たい」

    ブラウス:Edition
    パンツ:TOMORROWLAND collection
    バッグ:YUZEFI
    パンプス:TOMORROWLAND
    ピアス:MAYU
    バングル:PAZ COLLECTIVE

コーデをもっと見る

スタイリスト大島さんのきれいめブラウス着回しコーデ

【フェミニン編】着回したのは…JOURNAL STANDARDのブラウス

「ありそうでなかなかない、グレージュの色味が合わせやすくて好き。肩幅がないから、肩〜袖にかけてボリュームがあるくらいがちょうどいいんです。ネックラインがやや詰まっているのもいいし、手首にゴム入りで調節できバランスも取りやすいです。程よい柔らかさの素材で着回しもしやすい!」

パターン① タイトスカートでバランスアップ

  • 「ありそうでなかなかない、グレ

    「上にボリューム感があるので、ボトムスはフレアではなく黒のタイトスカートで引き締め、メリハリを。小物は黒で統一して大人っぽく。スリット入りのスカートなので、女友達に会う時には“どコンサバ“を避けるためにも、ローカットのコンバースで外してカジュアルダウン」

    ブラウス:JOURNAL STANDARD
    スカート:Demi-Luxe BEAMS
    バッグ:ORSETTO
    スニーカー:CONVERSE
    ネックレス:MC STUDIO

コーデをもっと見る

スタイリスト大島さんのブラウス着回しコーデ3選【フェミニン編】

スタイリスト 大島 愛さん 

スタイリスト
大島 愛さん 

Profile  シンプルなコンサバスタイルにひとさじの甘さが際立つスタイリングが得意。ベーシックでありながら自然と醸し出される上品なコーディネートが人気がで、本誌をはじめ、カタログ等で幅広く活躍中。

取材/田村宜子 構成/CLASSY.編集部

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus