特集

スタイリスト大島さんのブラウス着回しコーデ3選【フェミニン編】

程よくきちんと感がでてボトムスも選ばない、万能アイテムのブラウス。そんなブラウスをこよなく愛するスタイリスト、大島 愛さんのリアルな着回しコーデをご紹介!フェミニン編の今回は、大島さんの真骨頂でもある大人の甘さを感じるコーデ3パターンをお見せします。

こちらもチェック

ブラウスコーデ65選【2021春夏】甘すぎないキレイめな着こなしを伝授!

着回したのは…JOURNAL STANDARDのブラウス

「ありそうでなかなかない、グレージュの色味が合わせやすくて好き。肩幅がないから、肩〜袖にかけてボリュームがあるくらいがちょうどいいんです。ネックラインがやや詰まっているのもいいし、手首にゴム入りで調節できバランスも取りやすいです。程よい柔らかさの素材で着回しもしやすい!」

パターン① タイトスカートでバランスアップ

  • 「ありそうでなかなかない、グレ

    「上にボリューム感があるので、ボトムスはフレアではなく黒のタイトスカートで引き締め、メリハリを。小物は黒で統一して大人っぽく。スリット入りのスカートなので、女友達に会う時には“どコンサバ“を避けるためにも、ローカットのコンバースで外してカジュアルダウン」

    ブラウス:JOURNAL STANDARD
    スカート:Demi-Luxe BEAMS
    バッグ:ORSETTO
    スニーカー:CONVERSE
    ネックレス:MC STUDIO

パターン② デニム合わせがすっかり定番スタイル

  • 「ありそうでなかなかない、グレ

    「甘いブラウスと合わせる時に一番好きなのが、デニム。夏っぽく、デニムは薄めの色をチョイス。甘々にはしたくなくて、ネイビーのカーディガンとパンプスで締めて、ナチュラルなラフィア素材のカゴバッグで抜け感を。スカーフで色も差して夏っぽさをプラス。足元はキメ過ぎずフラットのポインテッドパンプスにします」

    ブラウス:JOURNAL STANDARD
    デニムパンツ:Levi’s
    カーディガン:DEMYLEE
    バッグ:MAISON N.H PARIS
    スカーフ:Liz claiborne
    パンプス:PELLICO
    ピアス:ben-omun

パターン③ 旬なオーバーオールでカジュアルダウン

  • 「ありそうでなかなかない、グレ

    「オーバーオールは少し甘めにブラウスと合わせるのが気分です。甘いブラウスだからこそカジュアルにしたいけれど、かといって全身甘いのは苦手だから、甘×辛MIXを意識。オーバーオールはカジュアル見えするのでリネン混を選びキャメル小物でワントーンにして大人っぽく。ブラウスが長袖だから足元はフラットサンダルで抜けを出しつつ、細ストラップで細部に女らしさを宿らせたい」

    ブラウス:JOURNAL STANDARD
    オーバーオール:OUTERSUNSET
    バッグ:J&M DAVIDSON
    サンダル:NEBULONI E.
    ピアス:MARIA BLACK
    リング:SOKO

スタイリスト 大島 愛さん 

スタイリスト
大島 愛さん 

Profile    シンプルなコンサバスタイルにひとさじの甘さが際立つスタイリングが得意。ベーシックでありながら自然と醸し出される上品なコーディネートに人気が集まり、本誌をはじめ、カタログ等幅広く活躍中。

合わせて読みたい

「ブラウスがトレンドだけど、どれを買えばいいか分からない人」おすすめ選び方リスト

大人女子が「白ブラウス」を6通りに着回してみた!

取材/田村宜子 構成/CLASSY.編集部

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus