特集

2021年アラサー女子におすすめの「柄コーデ」【ボーダーの場合】

春の訪れが近づくにつれて着たくなる、ドット、ボーダー、ギンガムチェック柄。でも、大好きなアイテムだけにちょっとマンネリ化してしまうことも?いつもオシャレで楽しげな柄マスターの三姉妹と一緒に、2021年版・3つの柄の選び方&スタイリング術をアップデートしましょう!

◆あわせて読みたい

2021年「アップデートするとオシャレに見える」アイテム2つ

“カラー”で遊べばおなじみボーダーも春らしくてグッと新鮮!

ヘルシーなボーダーは大好きだけど、「いつもと同じ」じゃ、もうつまらない!朝のスタイリングが楽しくなる〝カラフルさ〟をクリアするのが、この春のオシャレ必勝法。

いつものボーダーをビビッドな色に替えれば春のHAPPY感が叶う

グリーン×白の太ボーダーは、ゆ

グリーン×白の太ボーダーは、ゆるっとボーイッシュなサイズ感がポイント。レザーパンツやちらりと効かせたレオパード柄で、ボーダーも大人っぽく切れ味のいい着こなしに。カットソー¥18,000(アンスクリア/アマン)デニムジャケット¥41,500(マディソンブルー/マディソンブルー)エコレザーパンツ¥22,000(カ デュネ)バッグに結んだスカーフ¥12,000(マニプリ)ピアス¥60,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)スニーカー¥12,000(コンバースインフォメーションセンター)バッグ¥155,000(ザンケッティ/八木通商ZANCHETTI事業部)

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)〈人物〉、坂根綾子〈静物〉 モデル/エミ レナータ、山本ソニア、岩本ライラ  ヘアメーク/木部明美、遊佐こころ(ともにPEACE MONKEY) スタイリング/乾 千恵  取材/横山理恵

◆あわせて読みたい

大人女子が「春に持ってないと後悔する服」【タートルネックカットソー】

この春の大人アウターは「ジャケットがあればなんとかなる」理由

春に向けて手に入れたい「大人女子ジュエリー」8選

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE