特集

2021年「アップデートするとオシャレに見える」アイテム2つ

そろそろ冬服にも少し飽きてきた今日このごろ。だからと言って服をたくさん買うのはちょっと今の気分とは違う…。手持ちの服や着慣れたテイストを生かしながら、効果的な買い足しで、着こなしをフレッシュアップして、毎日を楽しみたい!

◆あわせて読みたい

2021年に向けて「持っていると便利な」アイテム2つ

買い足し①【大判ストール】

今まではは「巻き物なし」だったけど…大判ストールを買うだけで

くるくる巻きつける薄手タイプや、カシミアのチェック柄など、時折生まれる大ヒットストール。久々に心揺さぶられるのが、たっぷりとした大判タイプのストール。ブランケットみたいな量感をふわりと体に巻きつければドラマティックなリッチさに!

レザー調フリンジ付きの大人気ス

レザー調フリンジ付きの大人気ストール。キャメル素材で暖かさも格別。¥45,000(アソース メレ/Theory luxe)

買い足したアイテムでコーデするなら…

ニット×黒スキニーのスレンダーなコーデこそストールの揺れ感で華やぎUP

大判ストールだからこそ堪能できる、上質素材のリッチさ。ブーツインしたシャープな着こなしを、フリンジが華やかに盛り上げてくれます。ストール¥45,000(アソース メレ/Theory luxe)ニット¥34,000(チノ/モールド)パンツ¥29,000(マザー/サザビーリーグ)バッグ¥117,000ロングブーツ¥138,000(ともにJIMMY CHOO)ピアス¥8,000バングル¥15,000(ともにワンエーアールバイ ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

大判ストールだからこそ堪能できる、上質素材のリッチさ。ブーツインしたシャープな着こなしを、フリンジが華やかに盛り上げてくれます。ストール¥45,000(アソース メレ/Theory luxe)ニット¥34,000(チノ/モールド)パンツ¥29,000(マザー/サザビーリーグ)バッグ¥117,000ロングブーツ¥138,000(ともにJIMMY CHOO)ピアス¥8,000バングル¥15,000(ともにワンエーアールバイ ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

買い足し②【レザーのベレー】

今までは「ウールのベレー」だったけど…レザーのベレーを買うだけで

たとえばパリっぽい風合いを出したり、小粋なムードを表現したり、小さいけれど効果的なアクセントになってくれるのがベレー帽の魅力。フェルトなどが定番素材だけど、ともするとほっこりしてしまいがち。今年注目のマテリアル、レザーなら程よくシャープさがプラスされて辛口に決まります。

取り扱いのラクちんなフェイクレ

取り扱いのラクちんなフェイクレザー。頭頂部のU字型のメタルパーツがアクセントに。ベレー帽¥7,300(CA4LA/CA4LA プレスルーム)

買い足したアイテムでコーデするなら…

サラリとしちゃいがちなニットワンピにあしらえば キレのいいオシャレっぽさ

ベレー帽¥7,300(CA4LA/CA4LAプレスルーム)ワンピース¥29,000(カレンソロジー/カレンソロジー新宿)シャツ¥36,000(ハーヴェル スタジオ/アパルトモン青山店)バッグ¥65,000(ア・バケーション/アルアバイル)シューズ¥89,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ピアス¥75,000(トムウッド/ステディスタディ)タイツ/スタイリスト私物

ツヤのあるレザーベレー。対照的な質感のニットに合わせるとよさが引き立ちます。ベレー帽¥7,300(CA4LA/CA4LAプレスルーム)ワンピース¥29,000(カレンソロジー/カレンソロジー新宿)シャツ¥36,000(ハーヴェル スタジオ/アパルトモン青山店)バッグ¥65,000(ア・バケーション/アルアバイル)シューズ¥89,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ピアス¥75,000(トムウッド/ステディスタディ)タイツ/スタイリスト私物

撮影/須藤敬一〈人物〉、SHINTARO〈静物〉 モデル/松島 花 ヘアメーク/野田智子  スタイリング/荒木里実 取材/西道倫子

◆あわせて読みたい

アウター代わりの「オシャレなストール」コーデ3選

ベレー帽コーデ52選|大人の女性におすすめ春夏ファッション【2020年最新版】

【道重さゆみ】大人可愛い「まぁるい小物」に癒されたい!

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE