特集

「とりあえず黒」を工夫するだけでオシャレ見えする理由【シャツ編】

今年は例年以上にレザーアイテムが豊富。この生地ならではの光沢感や厚みは、簡単にリッチな印象を叶えてくれるので、ワードローブにある定番のボトムスやトップス、オールインワンなどをレザーにシフトしてみて!それだけでベーシックな着こなしががらりと刷新されます。

でも、黒コーデは注意が必要

地味に見えない、怖い人に見えない「黒コーデ」

シャツをレザーで取り入れるときは、女らしく仕上げて

マニッシュなアイテム〝シャツ〟をレザーにするときは、コーデをいかに女らしく仕上げるかを考えるのが大切。たとえばパンツではなく、タイトスカートに合わせたり、足元はビジューがあしらわれたブーツにしたり。女性らしいものをちりばめて、レザーのハードさをカモフラージュさせて。

  • リアルレザーシャツ¥88,000(シシ/ユナイテッドアローズ 銀座店)スカート¥35,000(イレーヴ/アングローバル)バッグ¥236,000ロングブーツ¥303,000(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ストール¥35,000(リヴィエラ/カオス表参道)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァンPR)【手首側から】バングル¥29,000バングル¥20,000(ともにFolk/N/UTS PR)

    【Before】
    リアルレザーシャツ¥88,000(シシ/ユナイテッドアローズ 銀座店)スカート¥35,000(イレーヴ/アングローバル)バッグ¥236,000ロングブーツ¥303,000(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ストール¥35,000(リヴィエラ/カオス表参道)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァンPR)【手首側から】バングル¥29,000バングル¥20,000(ともにFolk/N/UTS PR)

  • マニッシュなアイテム〝シャツ〟

    【After】
    シャツ自体は彼のクローゼットにもあるマニッシュなアイテム。どんなボトムスにも合う汎用性の高さや、きちんとした場面にも対応できるのがウリです。言い換えれば、シャツ自体は、シンプルで真面目なものということ。だからこそ、コーデに遊び心を取り入れるにはレザーのものを。タイトスカートに合わせてもかっちりしすぎません。真冬はタートルニットとレイヤードするのも手。シャツ¥48,000(チノ/ユナイテッドアローズ青山ウィメンズストア)スカート¥35,000(イレーヴ/アングローバル)バッグ¥236,000ロングブーツ¥303,000(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ストール¥35,000(リヴィエラ/カオス表参道)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァンPR)【手首側から】バングル¥29,000バングル¥20,000(ともにFolk/N/UTS PR)

その他のおすすめ「レザーシャツ」2選

左から、内側に寄ったデザインが細見えに貢献。リアルレザーシャツ¥75,000(イレーヴ/アングローバル)薄軽アウターとしても。エコレザーシャツ¥22,000(スムーク/フラッパーズ)

左から、内側に寄ったデザインが細見えに貢献。リアルレザーシャツ¥75,000(イレーヴ/アングローバル)薄軽アウターとしても。エコレザーシャツ¥22,000(スムーク/フラッパーズ)

撮影/小川健太郎〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/エミ レナータ ヘアメーク/川村友子 スタイリング/荒木里実 取材/棚田トモコ

「とりあえず黒」関連記事

「とりあえず黒」をやめるのが秋のオシャレ見えの秘訣

「とりあえず黒」を工夫するだけでオシャレ見えする理由【パンツ編】

「とりあえず黒」を工夫するだけでオシャレ見えする理由【スカート編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE