特集

「とりあえず黒」を工夫するだけでオシャレ見えする理由【スカート編】

今年は例年以上にレザーアイテムが豊富。この生地ならではの光沢感や厚みは、簡単にリッチな印象を叶えてくれるので、ワードローブにある定番のボトムスやトップス、オールインワンなどをレザーにシフトしてみて!それだけでベーシックな着こなしががらりと刷新されます。

◆黒じゃない色を選ぶなら「この色」がおすすめ

「とりあえず黒」をやめるのが秋のオシャレ見えの秘訣

フレアスカートをレザーに替えれば、ぐんと大人っぽく

好きなテイストが〝甘め〟の人におすすめなのが、いつものフレアスカートをレザー素材にシフトさせること。レザーが放つ光沢感は、可愛らしいものをモードに転ばせてくれるので、甘さを少し軽減させたいときなどに取り入れることで、洗練度が高まります。ちょっと大人っぽくしたいときの一手に。

  • リアルレザースカート¥230,000(ともにマディソンブルー)ニット¥35,000肩にかけたニット¥49,000(ともにイレーヴ/アングローバル)バッグ¥270,000シューズ¥94,000(ともにクリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)タイツ¥5,800(ブルーフォレ/エリオポール代官山)ピアス¥13,000バングル¥10,000(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

    【Before】
    スカート¥115,000ニット¥35,000肩にかけたニット¥49,000(ともにイレーヴ/アングローバル)バッグ¥270,000シューズ¥94,000(ともにクリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)タイツ¥5,800(ブルーフォレ/エリオポール代官山)ピアス¥13,000バングル¥10,000(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

  • 好きなテイストが〝甘め〟の人に

    【After】
    〝ぴた×ふわ〟シルエットのようなXラインは、可愛らしい印象が強いのが特徴。こんなふうに一目で女性っぽさが伝わるシルエットのときは、そのほかの部分でハンサムな要素を加えるとスタイリングにこなれ感が。それは今回のようにレザー生地で叶えるのも手。レディな雰囲気のフレアスカートをレザーにすると、それだけで着こなしに辛さが。また、さまざまな素材をMIXさせることで、重厚感のあるコーディネートに仕上がります。リアルレザースカート¥230,000(ともにマディソンブルー)ニット¥35,000肩にかけたニット¥49,000(ともにイレーヴ/アングローバル)バッグ¥270,000シューズ¥94,000(ともにクリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン)タイツ¥5,800(ブルーフォレ/エリオポール代官山)ピアス¥13,000バングル¥10,000(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

その他のバリエーションをチェック!

左から、エコレザープリーツスカート¥29,000(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス新宿)ボルドーエコレザースカート¥23,000(アルアバイル)黒エコレザースカート¥16,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)

左から、エコレザープリーツスカート¥29,000(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス新宿)ボルドーエコレザースカート¥23,000(アルアバイル)黒エコレザースカート¥16,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)

撮影/小川健太郎〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/エミ レナータ ヘアメーク/川村友子 スタイリング/荒木里実 取材/棚田トモコ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE