特集

「とりあえず黒」を工夫するだけでオシャレ見えする理由【パンツ編】

今年は例年以上にレザーアイテムが豊富。この生地ならではの光沢感や厚みは、簡単にリッチな印象を叶えてくれるので、ワードローブにある定番のボトムスやトップス、オールインワンなどをレザーにシフトしてみて!それだけでベーシックな着こなしががらりと刷新されます。

去年と同じパンツはNG

今年こそは「買い直したほうがいいパンツ」5選【コーデ見本つき】

レザーの洒落感でざっくりニットのコーデを格上げ!

スタイリングが〝ちょっとリッチ〟になるコツは、どこかに辛口のエッセンスを加えること。ハードな印象というイメージのレザーこそ、それにひと役。真面目に見えるアイテムやリラックス感のあるアイテム、たとえば定番のミドルゲージニットと合わせることでコーディネートがぐんと洗練されるのでお試しあれ。

  • パンツ¥14,000(アクアガール/アクアガール渋谷)ニット¥31,000(スローン/ユナイテッドアローズ青山ウィメンズストア)バッグ¥345,000(ヴァレクストラ/ヴァレクストラ・ジャパン)パンプス¥79,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)ストール¥57,000(ジョシュア エリス/カレンソロジー新宿)イヤリング ¥8,346バングル¥9,546(ともにアビステ)

    【Before】
    パンツ¥14,000(アクアガール/アクアガール渋谷)ニット¥31,000(スローン/ユナイテッドアローズ青山ウィメンズストア)バッグ¥345,000(ヴァレクストラ/ヴァレクストラ・ジャパン)パンプス¥79,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)ストール¥57,000(ジョシュア エリス/カレンソロジー新宿)イヤリング ¥8,346バングル¥9,546(ともにアビステ)

  • スタイリングが〝ちょっとリッチ

    【After】
    この時季に欠かせないざっくりニット。合わせるアイテムによって、印象ががらりと変わるアイテムだけに、ボトムス選びにはこだわりたいもの。たとえば、テーパードパンツでキレイめに仕上げるのももちろんありだけど、レザーパンツにシフトすることで、今年らしい着こなしに。会社に行く日のコーデとオフの日のコーデでパンツの素材を分けて、まとう雰囲気を変えるのもオシャレを楽しむコツ。リアルレザーパンツ¥58,000(THIRD MAGAZINE)ニット¥31,000(スローン/ユナイテッドアローズ青山 ウィメンズストア)バッグ¥345,000(ヴァレクストラ/ヴァレクストラ・ジャパン)パンプス¥79,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン)ストール¥57,000(ジョシュア エリス/カレンソロジー新宿)イヤリング¥8,346 バングル¥9,546(ともにアビステ)

その他のおすすめ「レザーパンツ」3選

左から、ブラウンエコレザーパン

左から、ブラウンエコレザーパンツ¥20,000(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)ベージュリアルレザーパンツ¥98,000(ebure/ebure GINZA SIX店)ブラックエコ レザーパンツ¥21,000(RHC/RHC ロンハーマン)

撮影/小川健太郎〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/エミ レナータ ヘアメーク/川村友子 スタイリング/荒木里実 取材/棚田トモコ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE