特集

もう、“優しげ”なオシャレしかしたくない!

【優しく見える 結論3】“オフホワイト”カラー

  • もう、“優しげ”なオシャレしかしたくない!

優しく見える服の3つ目は、“白い服”。 人間の認知の観点から言えば、まろやかなホワイトは『純粋無垢、清廉潔白』のカラーまるで天使のような、計算高くなく、悪女じゃないというイメージが親近感を形成しているのでしょう。また、(個人差はありますが)白い服には「着ている本人の気持ちがリセットされて、人に優しくなれる」という効果もあるんですよ。(大森さん)

<写真1>ニット¥29,000(スリードッツ/スリードッツ青山店)デニムパンツ¥25,000(コラール/ヤマツゥ)バッグ¥60,000(エバゴス/マドリガル)ストール¥9,800(TWEED MILL/ザ ヴァージニア 有楽町マルイ店)帽子¥9,200(レベッカ/アルアバイル)バングル¥22,000(メゾン ボワネ/エリオポール銀座)

<写真2>タートルニット¥14,000スカート¥14,000バッグ¥27,000(すべてロペ/ジュンカスタマーセンター)ブーツ¥32,000(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)ストール¥17,000(ノーリーズ/ノーリーズ銀座本店)バングル¥2,300(アナザーエディション/アナザーエディション ルミネエスト新宿店)

<写真3>コート¥52,000(アルアバイル)ニット¥11,000(シップス/シップス 有楽町店)パンツ¥11,000(ディ スティル/ザ・スーツカンパニー 銀座本店)バッグ¥63,000(ペリーコ/アマン)

<写真4>ウォーム感のある上品な起毛素材は優しげもたっぷり。コート¥38,000(ジュエルチェンジズ/ジュエルチェンジズ 横浜店)

撮影/須藤敬一〈人物〉清藤直樹〈静物〉 モデル/阪井まどか、南中将志 ヘアメーク/森野友香子(Perle) スタイリング/平沼洋美〈女性分〉、中西ナオ〈男性分〉 取材/川西麻依子 編集/西脇治子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE