特集

通勤服を究極にミニマムに減らしてみた❺「毎日違うスカーフを巻くだけ」

毎日の通勤、バタバタした朝にその日の天気や予定に合わせてじっくりコーディネートを考えるヒマなんてありません。着回しのきくアイテム、天気を問わないセットアップ、色や小物を工夫して、通勤服こそもっとミニマムなお金と手間で乗り切りましょう。
今回は「スカーフ」を活用するという考え方をご紹介します。暑さの厳しい真夏、ついパッとアップヘアにしたくなるもの。でも、ヘアアレンジは難しいからワンパターンになりがち…スカーフを巻けば、それだけで新鮮なアレンジの完成です。

おすすめの「ストール」の選び方は?

通勤服を究極にミニマムに減らしてみた❺「毎日違うスカーフを巻くだけ」

〈左から〉合せやすいバンダナ柄と巻きやすいサイズ感。スカーフ¥790(UNIQLO)インパクトのある色使いなので、白トップスに。スカーフ¥30,000(スローン)モノトーンやネイビーのワンポイントでマリン風に。スカーフ¥13,000(エネス/アルアバイル)

実際の通勤コーデで活用してみると?スカーフの巻き方を紹介

  • 横顔も華やかに仕上がるひとつ結びスカーフアレンジ
    シンプルなトップスも、スカーフを髪にキュッと巻くだけでこの華やかさ。ひとつ結びだと地味になりがちだけど、大判のスカーフならサイドから見てもパッと華やぎます。トップスの色と同系色をベースにした柄だと、なじみやすくて簡単に合わせられます。オフィスでやりすぎ感が出ないように結び目を耳より下に持ってくるのも◎。汗をかきがちな季節になかなか活躍しないスカーフもここで役立ちます。スカーフ¥13,000(ANAYI)ノースリーブニット¥5,990(PLST)ピアス¥26,000(ココシュニック)

  • リボン結びではなくひとつ結びなら大人っぽいイメージに
    大判のスカーフだと、長くなるのでリボン結びにしてしまいそうなところ、ひとつ結びでシンプルに仕上げるのがポイント。左右の長さを変えることでラフな印象に仕上がります。

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)〈人物〉、SHINTARO〈静物〉 モデル/愛甲千笑美 ヘアメーク/桑野泰成(ilumini.) スタイリング/児嶋里美 デザイン/椚田祥仁 取材/中津悠希

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE