特集

オシャレなアラサーが夢中!今注目のitブランド【#4 JANE SMITH(ジェーン スミス)】

知らないとヤバイ!CLASSY.本誌でも多数登場、今オシャレな人が注目しているブランドを紹介する連載。第4回はシンプルな中に〝今〟の気分を感じさせる「JANE SMITH」。着るだけで洗練されたムードのある人になれる服は、他では見つからないものばかりです

"いつも"の延長線にあるちょうどいい特別感

オシャレなアラサーが夢中!今注目のitブランド【#4 JANE SMITH(ジェーン スミス)】

自分の脚になじんでいくデニムの実力は周知の事実。一見キレイめに見えるボウタイブラウスも立体的なフォルムにのせて、エレガントすぎない絶妙な雰囲気がジェーン スミスの新境地。着ている本人の新たな一面を垣間見ることができる。
ブラウス¥32,000デニム¥25,000サンダル¥34,000ピアス¥27,000イヤカフ¥5,000(すべてジェーン スミス/UTS PR)

リラックスできる状態を作る服こそ、色っぽい服

自然体でいられる服がセクシーだと思う、とスタイリングの印象を語ってくれたオーちゃん。オーバーサイズのフォトTは、ストリート要素もありながら女性らしさを引き出してくれる。
カットソー¥14,000〈ジェーン スミス×マイク オマリー©〉スカート¥31,000ピアス¥11,000グラスホルダー¥14,000リング¥19,000〈すべてジェーン スミス〉(すべてUTS PR)

【JANE SMITH】

ジェーン スミス/架空の左利きの人物・JANE SMITHに向けたシグネ チャーレーベルで、メンズラインJOHN MASON SMITHも展開。ヴィンテージやワーク、ミリタリーのディテールや縫製を継承しながら、現代的なシルエットに落とし込んでいる。今季のテーマは様々なスタイルが 交錯する’90年代後半のロンドンにスポットを当て、オーちゃんが着ている赤いブラウスをはじめ今までにないスタイルの打ち出しも。

https://www.janesmith.tokyo

撮影/SASU TEI(W) モデル/オードリー亜谷香 ヘアメーク/佐藤エイコ(ilumini ) スタイリング/平沼洋美 取材/清水亮子 撮影協力/BACKGROUNDS FACTORY

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE