特集

ヒールでもコンバースでもOKなコーデ【スカート編】

〝オシャレは足元から〟という言葉どおり、靴選びは印象を大きく左右すもの。中でもカジュアルに欠かせないメジャーアイテムがコンバース。しかし、バランスを取るのが難しい…。ヒール同様の〝スタイルアップ見え〟を狙えるコーデを作っておけば予定に合わせた足元を選べます!

ボリュームのあるスカートならヒールにもコンバースにも合う

ヒールでもコンバースでもOKなコーデ【スカート編】

コンバースだと足元が重めになるのでスカートもたっぷり施されたチュールやプリーツでボリュームがあった方がバランスがいいのです。足首をキュッと細く見せてくれる効果もあるのでヒールじゃなくても心配無用。

ヒール靴の場合
旬のレースアップブーツが今っぽさをさらに演出。全体の色味を抑えたミニマムスタイルで甘すぎない印象に。
ニット¥19,000(FRAY I.D/FRAYI.D ルミネ新宿2店) レザースカート¥98,000(ebure) レースアップブーツ¥163,000(ジャンヴィト ロッシ/ジャンヴィト ロッシ ジャパン) ストール¥69,000(ベグ アンドコー/ボーダレス) ベルト¥31,000(puntovita/THIRD MAGAZINE) サングラス¥28,000(アイヴァン/アイヴァン PR)バッグ¥36,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)

コンバースの場合
白Tシャツのレイヤードでこなれ感を。
ニット、レザースカートは上と同じ。スニーカー¥6,500(コンバースインフォメーションセンター) Tシャツ¥9,500(スローン) 眼鏡¥34,000(アイヴァン/アイヴァン PR) ピアス¥12,000(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン) バッグ¥64,000(ア ヴァケーション/アマン)

同じルールのコーディネートはこちら

  • ヒールの場合
    インパクトが強い甘めアイテムも、ベーシックカラーで挟めば大人っぽく。足元で抜け感を出すのが正解。美脚も品の良さも両方叶えてくれるヌーディーカラーで、女らしさをとことん引き立たせて。
    ニット¥27,000(OUTERSUNSET) スカート¥13,000(SNIDEL/SNIDEL ルミネ新宿2店) ブーツ¥60,000(ロランス/ザ・グランドインク) スカーフ¥11,000(シップス/シップス 渋谷店) バッグ¥8,900(ル・ベルニ/キャセリーニ)

  • コンバースの場合
    ダークベースでリッチなカジュアルコーデに。アクセントのスポーティ小物でトレンド感をON。
    ニット、スカートは上と同じ。スニーカー¥5,800(コンバースインフォメーションセンター) キャップ¥7,200(CA4LA/CA4LA ショールーム) バッグ¥2,685(フィラ/フィラ カスタマーセンター)

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/Kelly ヘア・メーク/神戸春美 スタイリング/乾 千恵 デザイン/亀卦川陽子 取材/岸本真由子

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE