特集

スタイリストさんに聞きました「パールを大人世代が、可愛らしく身に着けるには?」

“清潔感”“女性らしさ”“品格”。大人の女性が大事にしたい要素をすべて持つパールジュエリー。「大人になった今こそ欠かせない」と口を揃えて語る、辛口派甘口派のスタイリスト、それぞれのパールの楽しみ方を教えてもらいました。

スタイリストさんに聞いた、パールを大人が無理なく普段使いする方法

【甘口派】スタイリスト・児嶋里美さんが選び方をレクチャー

可愛げのあるデザインパールならファッション感覚で楽しめます

【左・リング】一粒パールを“ち

【左・リング】一粒パールを“ちょっと”進化させたデザインが新鮮
指の上にパールが乗るキュートなデザイン。リング[大]¥77,000[小]¥66,000(ともにヒロタカ/ヒロタカ東京ミッドタウン店)

【中央・イヤカフ】ピアスよりもモードに映るイヤカフを贅沢に2つ重ねて
大小粒のサイズが異なるものを揃えるのがコツ。イヤカフ[小]¥19,800(ココシュニック)[大]¥25,300(アルティーダ ウード)

【右・ネックレス】ネックレスはどんな服とも馴染むベビーパールで
愛らしい小粒なベビーパール。粒が小さいぶん、買いやすい価格なのも嬉しい。ネックレス¥47,300(マリハ/ショールーム セッション)

スタイリスト・児嶋さんのジュエリーヒストリー

ファッション感度の高いデザインパールは毎日の必需品

パールは私にとって〝清潔感〞を表すもの。どんなに忙しい日が続いて気持ちが乱れそうなときも、パールを身につけるだけで背筋がスッと伸びる。日々のモチベーションを保ってくれるものです。パールを身につけるのにはもうひとつ理由があって、職業柄いろいろな方に会う機会が多いのと、友人からの急なお誘いに「今日こんな格好してきちゃった…」と断るのがイヤで。〝いつでも誰かに会える〞格好をキープしていたいんです。その基準は、ホテルでお茶をしても恥ずかしくないかどうか。たとえば足元は常にヒールだったり、パールも同様で、カジュアルな日でも毎日欠かせないアイテムです。とはいえ衿つきブラウスやキレイ色など、甘めデザインの服が好きなので、それに馴染むことも大前提。王道のパールにも憧れるけど、華奢なものを重ねるのが可愛くて好きです。
毎日クローゼットから服を選ぶような気持ちで、パールもファッション感覚でつけ替えて楽しむのがMYルール。スキンジュエリーと重ねたり、左右でピアスのバランスを変えたり…。つけ方を試行錯誤していると、昔のお気に入りが急に新鮮に映ることもあって。そのせいかパールのジュエリーは同じものをずっとつけているのに「パールいっぱい持ってるね」って言われることも多いです(笑)。パールはコンサバになりすぎると古く見えてしまうこともあるので、年齢に合ったつけ方をして、上手に付き合っていきたいです。

スタイリスト・児嶋里美さん

大人がキュンとくるコーデが得意

大人がキュンとくるコーデが得意な、CLASSY.を代表する甘口スタイリスト。お気に入りパールは6~7個をローテーション。可愛いジュエリーの重ねづけは編集部でも話題に。

撮影/五十嵐 洋〈静物〉スタイリング/児嶋里美 取材/横山理恵 撮影協力/UTUWA 再構成/Bravoworks.Inc

「ジュエリー」関連記事

スタイリストさんに聞いた「 20代でも50代でも似合う」腕時計とは?

50代までずっと使える!「憧れブランドの名品腕時計」4選【ロレックス、シャネル…】

20代から50代まで使える!「憧れブランドの名品腕時計」4選【ロレックス、シャネル…】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus