特集

「結婚の常識」が、いつの間にかいろいろ変わってた…【プロポーズの方法、挙式スタイル、ドレスの流行…】

「夫婦はこうでなくちゃ」なんて固定観念が過去のものになった今、ここ2年で結婚式のスタイルもどんどん変化していました。コロナ禍に結婚式を挙げた卒花嫁さんの取材からわかった、〝令和らしい〟最新ウェディング事情をお届けします。

コロナ禍のリアルな「結婚式事情」【延期中にフォトウェディング編】

【令和のウェディング事情】プレ中のプレ

〝結婚式は女子の夢だから花嫁の好きなように〟なんて過去の話。「大切な思い出は2人で作る」。そんな思いから、2人らしいウェディングについてお互いの希望をじっくりと話し合うのが主流に。

  • 〝結婚式は女子の夢だから花嫁の

    プロポーズはきちんと自分の理想を伝える
    「同棲を始めた頃から理想のプロポーズを伝えていました。婚約指輪にもこだわりたかったので、プロポーズされる半年前から夫を引き連れてリングの下見に。時間をかけて自分好みのデザインに出合えたぶん、指輪にも夫に対しても愛が深まりました」(M.Fさん・会社員)
    「憧れのラグジュアリーホテルを指定し、夜景を一望できるレストランで108本のバラとともにプロポーズしてもらいました。王道かもしれませんが、小さい頃からの夢が叶って本当に嬉しかったです」(H.Kさん・保険関連)

    \ここ最近は‶海辺でプロポーズ„がみんなの憧れ/
    「大々的なプロポーズに苦手意識があり、開放感のあるビーチをリクエスト。事前に知らされていたため、当日は写真に残すことを考え、シンプルで大人っぽいキャミワンピを着て行きました」(R.Eさん・広告関連)

  • 〝結婚式は女子の夢だから花嫁の

    入籍して、一緒に暮らしながら挙式の準備
    「当時はお互い社会人1年目でお金がなく、2年かけて一緒に結婚式費用の貯金をしました。途中で熱が冷めないか心配でしたが、むしろその逆に。2人で同じ目標に向かって頑張ることが楽しくて、入籍当初より結婚式に対しての思いがグッと強まりました」(M.Uさん・商社)
    「式場主催のウェディングワークショップに何度も参加しました。私も夫もこだわりが強く頑固なため、第三者を介しながら理想の結婚式について語り合えたのがよかったです」(田中智沙さん・美容関連)

【令和のウェディング事情】具体的な準備、何する?

令和婚カップルのウェディング準備は前撮り写真から、式全体の雰囲気決め、会場の装花、衣装選びまでオンラインを駆使して全力投球。その理由は結婚式費用の分担制にもありそうです。

  • 令和婚カップルのウェディング準

    ピンタレストで参考画像を探す
    「イメージ探しはインスタグラムより圧倒的にピンタレストが頼りに。関連画像が次から次へと出てくるので、効率よくリサーチできました。とくに検索していたのは、海外のガーデンウェディング。ナチュラルなのに華やかで、式場に選んだTRUNK HOTELの雰囲気にぴったりの装飾が多かったです」(下村彩花さん・美容関連)

  • 令和婚カップルのウェディング準

    アルバムよりオープニングムービー
    「アルバムは高値なうえに見返すことがあまりないような気がして、オープニングムービーに力を入れました。ウェディングフィルムメーカーの『Liebé』にお願いしたら、まるで映画のワンシーンのような雰囲気に仕上げてもらえて大満足でした」(中村美里さん・事務)

  • 令和婚カップルのウェディング準

    友人の出欠確認はデジタル招待状が主流
    「紙の招待状よりかなり手頃なのと、出欠管理を自動でできるのがありがたかったです。挙式日までのカウントダウンやレイアウトに前撮りの写真を入れられたりと、紙同様にデザインにこだわれるのも◎」(M.Hさん・主婦)

◆この記事を詳しくチェックする

知らない間に変わってた!「最近の大人世代の結婚事情」5つ【プロポーズの仕方、お金のかけどころ…】

【令和のウェディング事情】ドレス、どうする?

ひと昔前まで主流だったチュールたっぷりのドレスに代わり、洗練されたシンプルなデザインが人気沸騰中!そのぶんヘアスタイルやアクセサリーにこだわる人も多いのだとか。

  • ひと昔前まで主流だったチュール

    ヘアメークさん&フローリストは自分で探して指名
    【左】「朝野志保さんのヘアメークは、上品ながらどこか抜け感があり、私の思い描いていた理想像そのものでした!
    くすみピンクのドレスに合わせて、甘くなりすぎない無造作お団子ヘアをオーダーしました」(佐々木沙愛さん・アパレルディレクター)ヘアメークは朝野志保さん(@shiho.asano)を指名
    【右】「唯一無二の装花を提案してくれると確信し、式場を決める前からインスタグラムをフォローしていた廖莉玲さんを指名。スイートピーやラナンキュラスを用いて柔らかな雰囲気に仕上げてもらいました」(K.Tさん・金融関連)フローリストは廖莉玲さん(@riring_design)を指名

  • ひと昔前まで主流だったチュール

    ドレスに合わせるアクセサリーはECで自分らしいデザインを探して購入
    1.「ありきたりなパールピアスは避けたくて、『SOPHIE BUHAI』の4連デザインを選びました」(合田真由さん・アパレルPR)
    2.「マグノリアがモチーフになったゴールドピアスは『A.B.ELLIE』で購入。耳元でさりげなく揺らぐ感じがたまりません」(佐藤涼実さん・アパレルディレクター)
    3.「黒で揃えたネイルやシューズに合わせたかったのと、アップヘアのアクセントになる大ぶりのイヤリングが欲しくて韓国ブランド『baebae』で探しました」(A.Oさん・会社員)

  • ひと昔前まで主流だったチュール

    カジュアルな式に合わせてドレスはシンプルに
    【右】「大親友に作ってもらったドレスは一生の宝物です。とくにパールのストラップがお気に入り」(抱ふうこさん・アパレルディレクター)【左】「他にはないようなチュールの袖に一目惚れ。式を挙げたハワイのロケーションにもしっくり」(岡本恵莉さん・アパレルディレクター)

◆この記事を詳しくチェックする

最近の「ウェディングドレス事情」を調査してみた【カラードレスは少数派らしい】

【令和のウェディング事情】令和の挙式はどんなスタイル?

主役はもちろん新郎新婦。でも、足を運んでくれるゲストを一番に考えるのが、令和婚の必須事項のよう。楽しい思い出にしてもらえるように、ギフト選びまでとことんこだわります。

  • 主役はもちろん新郎新婦。でも、

    ペースよく終われる人前式が主流
    「アットホームな雰囲気にしたくて人前式に。短時間で執り行えるため、小さなお子様ゲストがいても安心でした」(福本彩さん・サービス関連)「ゲスト全員に指スタンプを押してもらって結婚証明書が完成。記念として玄関に飾っています」(K.Kさん・IT関連)

  • 主役はもちろん新郎新婦。でも、

    \披露宴がどんどん自由になってる!/
    ゲストに使い切りカメラを渡して自由に写真を撮ってもらう

    「どうしても新郎新婦の写真ばかりになりがちですが、ゲストの様子も写真に収めたくて。式場の雰囲気に合わせて、ECサイトで購入したリメイクシートやタッセルをつけました」(kanakoさん・広告関連)

  • 主役はもちろん新郎新婦。でも、

    \お見送りで渡すプチギフトはセンスの見せどころ/
    AND THE FRIET スナック
    「オシャレなデザインが気に入りました。お手頃価格で、大量買いしやすかったのもポイント」(下田かりんさん・医療関連)

◆この記事を詳しくチェックする

知らない間に色々変わってた!?「コロナ禍を経て分かった、新しい結婚式」トレンド

イラスト/green K 取材/岸本真由子 再構成/Bravoworks.Inc

「ウェディング」関連記事

バービーさん「結婚してもしなくても変わらない自分がいるなら、『30歳の壁』にとらわれなくていい!」

【結婚連載】フォトウエディングは、船上でお互いの趣味を表現!?【今どきカップルの結婚図鑑】

コロナ禍のリアルな「結婚式事情」【新しい!リモートウェディング編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus