特集

空前の大ヒット!ドラマ『愛の不時着』に見る【純愛】ノススメ

Netflixで話題となった韓国ドラマ『愛の不時着』。韓国と北朝鮮に住む主人公のドラマチックな恋愛模様が、大きな話題を呼びました。今回はそんな大人気ドラマの魅力の虜になった映画ソムリエの東紗友美さんとCLASSY.ライターの棚田と編集前田3人が、お酒を片手にインスタライブを決行。盛り上がったトーク模様をぜひご覧ください!

「愛の不時着」をチェック!

『愛の不時着』に学ぶ、運命の女に必要な5つのこと【映画ソムリエ東の「大人女子のための映画塾」】

フルバージョンは公式インスタからチェック!

1『愛の不時着』で好きなキャラはやっぱり…!

東さん(以下・東) 皆さんこんばんは!今日は、大ヒットしてる韓国ドラマ『愛の不時着』について、大好きな3人で、バシバシ語っていこうと思います。どうぞよろしくお願いします!まず、自己紹介を簡単に。私、CLASSY.ONLINEで映画・ドラマの連載をしております、映画ソムリエの東紗友美と申します。韓国ドラマがね、これまで得意な分野じゃなかったんですけど、『愛の不時着』でもう、韓国映画全部見る!っていうくらい、はまっちゃいました。
棚田さん(以下・棚) CLASSY.ライターの棚田です。通称ティナです(笑)。着回し企画とか、骨格診断のページとか担当しています。骨格診断アナリストとしても活動しているので、みなさんよろしくお願い致します。『愛の不時着』ももちろん大好きです!
前田 (以下・前)  CLASSY.編集の前田です。韓国ドラマは、普段そんなに見ないですけど、なんか『愛の不時着』は、結構ドはまりしちゃって。自粛中にすごい時間があったっていうのもあって…
  タイミングもすごくね、よかったんですね。
  だからすごいブームになっているところもあると思うんですけど。16話、全部一気に見ました。CLASSY.ではティナさん(棚田)と一緒に着回し企画とかを担当してます。今日は、楽しみたいと思うので、よろしくお願いします。

  この配信来てくれている方は、見ている人が多いと思いますので、ネタばれアリで届けたいと思います。『愛の不時着』、簡単にどんなお話か説明させていただきますと、韓国の財閥令嬢のユン・セリという女性が、自分の会社の試作品を試すためにパラグライダーに乗ります。で、竜巻に巻き込まれて、まさかの!隣の国北朝鮮に不時着しちゃうってところから始まる恋愛ドラマなんですけど、現代版の『ロミオとジュリエット』みたいなお話だったなと思います。見どころがいっぱいある作品だと思うんですけども、もういっちゃいましょうか。どのキャラクターが好きか!
  いっちゃいましょう。
  まず、一番好きなキャラクター、出しちゃいましょう。せ~の!
  じゃん。
  リさーん。
  私、ユン・セリ。
  あ、私もユン・セリ~。
  ね~。いいですから。
  じゃ、私いいですか。『愛の不時着』ロスっていう言葉が社会現象になっていると思うんですけども、『愛の不時着』ロスって結局、リさんのロスだと私は思ってるんですよ。
  みんな恋愛してたんだね。
  そうみんな、リさんに恋してたと思うし、今までなかったヒーロー像だと思う。私が一番リさんにときめいたポイントは、ユン・セリは美人だし財閥令嬢で仕事ができるけども、彼女が北朝鮮に行ったことで偏差値0以下の、何もできない人になっちゃって。そんな素の自分を愛してくれたってことなんですよ。
  あ~なるほどね。
  私、リさんに対する思い入れが強すぎて、最近変な現象が起きていて。リさんの顔を見過ぎて、なんかもう元カレみたいな感覚になってきている。
  違うわ(笑)。みんなに謝ったほうがいいよ(笑)。
  しかもなんかちょっといい別れ方ができなかった元カレ。なんかそういう風に見えちゃう。
  だとしたら、私も元カレだわ(笑)。
  国民の元カレ、リさん。リさんは何がいいかというと、涙を見せてくれるんですね。これまでのヒーロー像とか、男性主人公になかった母性を感じられるところが、すごく現代的だなと思ったんですよ。
  分かる。気がいい兄さんだよね。面倒見がいい兄さん。
  もうだからね、みんな中隊長が好きだと思いますよ。
  え~みんなユン・セリは?
  じゃあ、次は、ユン・セリちゃんの魅力をお願いします。
  私は、やっぱりあの強さが好き。
  私も!意地っ張りなところがたまらないの。
  守られるだけじゃないの。何がいいって、1話の、地雷原を「私足が速いの」って駆け抜けるシーンで、地雷に1回も当たらないところがあるじゃないですか。あの足の速さ、持ってる身体能力の高さとか、頭がすごくいいところとか、ポジティブシンキングなところが素敵。
  そう、頭がいいんだよね。
  なんだろう、ディズニーのプリンセスとかでも、だんだんもう今は強くなってきてて。
  自立してるよね。

2 胸キュン&泣けるシーンは…?

  好きだったシーンいっちゃいますか。
  好きなシーンはさ、どんな好きなシーン?
  やっぱり最初は、胸キュンじゃない?
  よし、胸キュンシーン。せーの!
  すごいマニアックなんだけど、次男夫婦が、ユン・セリの家に来たあと、隠れてたジョンヒョクさんが出てきて、抱きしめてあげるシーン。(ユン・セリが)酷いことを言われて、かわりにジョンヒョクさんが怒ってあげるみたいな。
  優しい。あったね。キュンとするね。
  すごいキュンとしました。
  南(韓国)はあまり家族が仲良くないじゃん。でもだから、生まれてきてくれてありがとうって、(リさんが)ユン・セリの誕生日を祝うシーンが感動した。
  私はアロマキャンドルのシーン。市場で迷子になったユン・セリを…。
  (手をあげてキャンドル持ってる振り)こういうやつね。
  アロマキャンドルを今実際に、発売しているんですよ。ちょっといいやつで、9千円くらいするんですけど。
  売ってる。スヒャンでね。
  スヒャンで買えるので。『愛の不時着』好きな女子へのプレゼントは、あれがいいなって思うんです。
  私が胸キュンしたのは、最初の方。第2話の(リさんがユン・セリの髪を結んであげるシーン)。
  なんかね、こういうシーンすごくいいと思ってて。『愛の不時着』って、本来は自分1人できることを、男性がやってくれる。髪を結ぶシーンとか、傘をさすシーンとか。本来は自分で解決することを、男の人が守るような形でやってくれるシーンが多い感じ。
  韓国の男の子、食べさせてくれるもんね。
  サムギョプサルとかも巻いてあげる。ああいうのって親しい証拠なんだって。
  へー。
  あと、国境をまたぐシーンは、私のBESTエピソードなんですよ。あんなに真面目なリ大尉が、一歩ぐらいならいいだろうって言って、38度線を超えちゃうシーン。
  愛が国境超えるんですよ。
  確か、ヒョンビンさんもあのシーンが好きって言ってた。
  そうなんですか。
  一緒じゃん。元カノ?
  元カノ(笑)。
  ああいう素敵な恋は、したくなりますよね。多いじゃん、なんか、不倫みたいなやつ。
  ね、今ね。
  女性って運命を信じたいし、だからこそ真実の愛を信じたいって感じがすごくあるんでしょうね。
  分かる。(『愛の不時着』には)どの回にも、優しさとか、思いやりとかすごいあるよね。
  今一番売って欲しいものが、リ・ジョンヒョク大尉の爪の垢。ほんとに、みんな飲めばいいと思う。
  すごく男らしいよね、リさん。男らしい人って今少なくないですか?
  うーん。最近はね、繊細な人の方が多いからね。
  そう、そう。ああいうさ、強くって、優しい言葉を素直にかけられる人って素敵だなって。
  確かにね。
  誠実な人なんだよ。

  泣いたシーンも教えてください。
  私泣いたシーンなくて、泣いてないんだよね。
  え…。
  うそ~~~~!!
  一滴も流してない。だから、おかしいのかなって思って。『梨泰院クラス』はずっと泣いてたけど。で、考えたの。どうして自分が泣かなかったのか。なんか、なんていうの、あんな素敵な恋愛をしたいけど、実際はないじゃん。
  ははは。現実を見てるのね。
  あんな現実にないよ、みんなって思っているから。素敵だから大好きなんだけど。だから、多分泣けなかったんだと思う。
  へー。もう、ちょっと自分と違う世界と思って見ちゃうのかな。
  そうそうそう。この世界になればいいなって思ってるけど。

3 北朝鮮のリアルを追求したのがとにかくスゴい!

  ちょっと知識的なこともせっかくだからお話したいんですけど。北朝鮮の田舎の村で、リ大尉はすごくモテるじゃないですか。あれってただ単に、リさんがイケメンだからモテてた訳じゃないって知ってましたか?今北朝鮮で一番モテると言われている職業が、国境守備隊なんですよ。なんでかというと、南のものを密輸できるといわれているから。
棚・前  へー
  だから、市場のシーンでは、南のものが売られていたり。北朝鮮のリアルな描写で、これまで他の作品では描かれなかったところが、浮彫になっています。今まで北と南を取り扱った作品はたくさんあるんですよ。2000年代だと、『シュリ』とか『JSA』とか、『シークレットミッション』とか。あと、最近Netflixで配信された『鋼鉄の雨』とか。たくさんあるんですけど、全部軍人の友情とか、スパイものだったりなんですよ。だから(『愛の不時着』は)ほんとに身近に感じた。実際に監修したのは、脱北した方々。方言を教えたキム・アラさんという方は、12歳で両親が亡くなってしまって、(北朝鮮で)妹と2人で生活していた方なんですね。私たちも、北朝鮮はこういう生活をしているというのが見られた。なんてグローバルなんだって。
  見方変わったもん、北朝鮮の。
  そうですよね。北朝鮮では、韓国のドラマを観ることを禁じられ、1年間で10人以上が処刑されたり、捕まったんです。
  え!じゃ、(ドラマでも)罪を犯してるってこと…。
  そのくらいリスクを冒してでも、北朝鮮の方が、自由恋愛に憧れているっていう。ジュモクが韓国ドラマをただ楽しんで見ているだけじゃない。そう思うとものすごく深いドラマなんだなって。これをきっかけに政治意識が変わってきます。
  確かにね。元々同じ国の人が別れてるって考えを、私たち日本人にはあまり想像できないから、不思議な感じですよね。関西と関東が別れてるみたいな感じですもんね。
  ダンちゃんとかも、めっちゃ可愛いじゃん。可愛くって素敵じゃん。それでも、上手くいかないことってあるんだって感じ。
  一人で生きていきますって感じだよね。ダンさんが帰ってきた時、ママが「あら、こんなに太って」って言うの、太ってるって多分、(北朝鮮では)幸せの象徴なんだろうなあって。
  あー。なるほどね。ご飯あんまりないと言われているからね。
  聞いたことある。
  そういうのもなんか、キュンだけじゃない、社会学というか国とか歴史とかもあって、教材のような話が多いなと。
  教材!

4 いま、【純愛】がブームな理由

  『愛の不時着』もそうですし、『梨泰院クラス』もそうですし、『恋は続くよどこまでも』もそうですし、ほんと純愛モードが起きてるねっていう話を私3人でしておりまして。なぜ、今純愛なのか。
  なぜなんだろう。
  ないってわかってしまっているのに。
  けど、さっきティナさんが言ってたことじゃないですか。もうこんなことは、ありえないみたいな感じ。
  何言ってんだよみんな、信じちゃダメだよって思うけどね。あんな男の人いる?
  ま、もちろんね、ドラマだから、少し美化されてるけど。だけど、純愛に憧れちゃうのは、日頃暗いニュースが、ドラマによって帳消しにされるのかも。
  最近不倫のことが、あまりに取り上げられすぎて、恋愛って宝くじを当てるより難しいものって思ってしまうようになってるから。でも、絶対無理と言えないものでもあるから、どんどんその純愛というものが、私たちを惹きつけては止まない。
  純愛がね、すごい好き(笑)。
  私もすごい好き。
  あ、今すごい深い回答(コメント)が。「自分がもしドラマの当事者だったら、純愛ものは辛い気がします」。
  ドラマはね~。だってさ、北朝鮮の人ってだいたい携帯電話持ってなかってりするじゃん。悔しいのがいっぱいあったよね。今守ってあげるよって言いたいのに、ないから伝えられないとか。
  最近じゃないですか、携帯でたのって。90年代ものが好きでよく見るんですけども、携帯が無いけれどみんなもどかしさを楽しんでるところがあって。それはそれでキュンとする。
  なんかさ、駅の黒板みたいなのにさあったよね。
  分かるかな~最近の子たち。20代の人たちって分からない?
  昔はあったんですよ。駅の黒板で待ち合わせに。
  「先に行くよ」とか。
  そうそう。「先に行くよ」とか。
  いつからなくなってしまったんだか。
  最近、北川悦吏子さんの『愛してくれと言ってくれ』を再放送していて…。
  95年とかだよね。
  でも全然恋愛は成り立っていたから。
  便利なものがあるとややこしくなりそうじゃない?
  どっちなんでしょう。
  連絡取り過ぎて分からないところがあると思う。
  あー。そうだねえ。

5 【純愛】に浸りたければこの映画を観るべき!

  おすすめの純愛映画ってある?
  じゃ、せっかくだから、この流れで韓国映画で。『あなたはその川を渡らないで』。
  知らない!
  98歳のおじいちゃんと89歳のおばあちゃん、70年以上夫婦だった2人のドキュメンタリーです。12か月にわたって監督が2人をおいかけてて。ずっと仲良く、ずっと手をつないでいるような、おじいちゃんとおばあちゃんの物語。
  『君読む(君に読む物語)』みたいだね。
  そのリメイク版みたいな。
  へー。ドキュメンタリーだもんね。
  こんな夫婦の在り方あるんだって。ほんとによかったです。もうひとつは『ビューティインサイド』。2015年の映画です。主役がなんと123人います。
  へー!
  主人公は一人の女の子なんですけど、毎朝、顔、年齢、性別が変わります。そんな状態の中で恋愛できるのか。私たちから見ても、今日はどの人が主人公なのか分からない。そんな中、本当の愛を探す。見た目が毎日変わる主人公だけど、中身は変わらないわけですよ。
  なるほどね。
  その中で彼との交際に戸惑ってしまうんですよ。そんな123人の中に、日本人が一人いるの。上野樹里さん。
  へー。
  私とティナさんで今月、今月発売のCLASSY.で、着回し担当をしてるんでよすね。そこで毎日同じ顔の人に会うって話で。何が一番自分にとって大事であるか考える、みたいな。今の話聞いてて思い出したんですけど。
  そうそう、着回し企画も、そんな目線で見てみて下さい(笑)。
  今回は、『愛の不時着』について色々話させていただきました。色々今、大変な時期なんですけれども、韓国ドラマを好きになってもらって、エンタメ全体を好きになってもらって、エンタメも映画もドラマもみんな好きになれるようになってくれたら、私はそれが一番嬉しいことです。また、よろしくお願いします。
  また、チメクしましょ~
  しましょう!

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE