CLASSY.

ネクストブーム間違い無し!フィリピンの「ボラカイ島」がついに解禁!【美し過ぎる島をライターが現地レポ①】

こんにちは。トラベルライターのSHIORIです。私はアジアの絶景リゾートが大好きで、日々美しい海を猛リサーチしているのですが、今回私の中でもダントツ1位に躍り出るのではないかと思われる楽園の島に行ってきました!それがフィリピンにある、ボラカイ島です。閉鎖されていた島がついに解禁!絶景が眠るボラカイ島は一体どんな島なのか?島の様子を現地レポ致します!

ついに解禁された幻の島、ボラカイ島ってどんな場所?

ボラカイ島は、フィリピンのビサヤ諸島に浮かぶ、長さ約7kmの小さな島です。首都マニラから飛行機で約1時間半ほど飛んだ場所にあり、透明度の高い海とホワイトサンドの真っ白なビーチが多くの観光客を魅了しています。

過去には世界のベストビーチ10にも選ばれたことのある絶景リゾート。しかしこのボラカイ島、実は2018年に約半年間(2018年4月~10月)フィリピンのドゥテルテ大統領により閉鎖されていたのです。

どうして閉鎖されてしまったのか?その理由は、環境汚染。ボラカイ島の美しさが世界中に広まり、海外資本によるリゾート開発が一気に進行。下水などの設備が整わないまま進められた観光開発のせいで、海はどんどん汚れていきました。これを見兼ねた大統領が観光渡航を禁止し閉鎖。閉鎖している間に環境保護のための設備を進め、ついに2018年末再オープンに至ったのです。

透明な海、そして真っ白な砂浜が続く…ボラカイ島のホワイトビーチへ

ボラカイ島へ着いてまず向かったのが、メインビーチである「ホワイトビーチ」。ここはボラカイ島で一番の人気スポットで、ホワイトサンドが広がる約4kmのビーチ沿いに、レストランやバー・ショッピングモールなどが立ち並びます。賑やかで陽気な雰囲気は、まるでハワイさながら!以前は海の側までバーなどの露店が出ていたそうですが、今は一本奥の道まで下がり、整備されていました。

可愛らしいカフェも目白押しなので、美しい海を眺めながら絶品ランチも頂けます。おすすめは、エッグベネディクトや目玉焼きなどの卵料理が美味しい「The Sunny Side Cafe」。ボリュームたっぷりのパンとベーコン、卵の組み合わせは鉄板の美味しさ!

お店のインテリアも、イエローベースの可愛らしい雰囲気。テラス席もあるので、海の香りを楽しみながらの食事も◎。

ホワイトビーチを進むと、ショッピングモールの「D’mall」が。ここでは洋服やアクセサリーなどの雑貨やお土産品、カフェ、レストランなど様々なお店が並びます。

中でも、美味しいマンゴーアイスが食べられると噂の「MANGO HOLIC」は必ず食べておきたい名店!甘〜いマンゴーアイスが、太陽で火照った体を癒してくれます。

ボラカイ島の絶景を拝めるマリンアクティビティが、こんなにたくさん!

せっかくボラカイ島に来たのであれば、絶景の海を満喫できるマリンアクティビティも欠かせない。ホワイトビーチからボートに乗って、近くの海へアイランドホッピングへ。ホワイトビーチ以外にも、白く美しい砂浜が広がる小島がいくつかあります。ビーチ沿いを歩くだけでも、その透明度に惚れ惚れ。

シュノーケリングスポットでは、大自然の中で優雅に泳ぐ熱帯魚達も観察できます。まるで『リトルマーメイド』のような美しい海の世界は、時間を忘れて潜り続けてしまうほどの絶景!

アスレチックのある「ARON MAGIC ISLAND」では、透き通った青い海に向かって飛び込みチャレンジも。7mの高さからの飛び込みはスリル満点ですが、美しい海に向かって落ちたあとは気分爽快!海の底に潜ってから海面へ上がっていく時の景色も最高ですよ。

他にも、スピードボートやパレセイリングなどのマリンアクティビティを体験できる場所も。私はパラセイリングを体験しましたが、予想以上の高さまで上がっていくので高所恐怖症の方は要注意!しかし空から見るボラカイ島の海の美しさは、やっぱりここでしか見られない絶景。高いところが平気な方は、是非チャレンジしてみて。

ボラカイ島に来たら、5つ星リゾートホテルステイも欠かせない♡

ボラカイ島にはいくつかのリゾートホテルが立ち並んでおり、それぞれのホテルでうっとりするような贅沢ステイを堪能できます。今回私が宿泊したのは「クリムゾン リゾート& スパ ボラカイ(Crimson Resort and Spa Boracay)」。

ボラカイ島にはいくつかの5つ星ホテルがありますが、フィリピンは日本より物価が安いので、5つ星と言っても意外と安価に宿泊できるのが嬉しいところ♡ボラカイ島に来る際は、サービス面も含めて5つ星に宿泊するのが断然お得です!

素敵なホテルが数多く存在するボラカイ島ですが、中でもこのクリムゾンは、スタイリッシュで洗練されたデザインが素敵なおすすめのホテル。

ボラカイ島以外に、セブ島のクリムゾンにも宿泊したことのある私ですが、どちらも本当にお洒落でモダン!

Crimson Resort and Spa Boracay(クリムゾン リゾート アンド スパ ボラカイ)

お部屋は一面ガラス張りで、静かなオーシャンビューの大自然が広がり、ガラスから入る太陽の光がお部屋を美しく輝かせます。

クリムゾンのウリは、海と一体感を生み出すインフィニティプール。静かなプールで美しい海を眺めている時間は、贅沢以外の何物でも無い至福の時間です。夕方はホテルの目の前のビーチに夕日が沈むので、ロマンチックなサンセットも必見。最高にラグジュアリーなホテルステイを、ボラカイ島の絶景とともに楽しんで。

ボラカイ島は、天国かと思うほど美しい絶景の眠る島だった

アジアのリゾート地をいくつも周って来た私ですが、このボラカイ島の美しさは別格。ほとんど透明の透き通った青い海は、秘境と呼ぶに相応しい美しさです。ホワイトビーチ沿いの和やかで陽気な雰囲気も、日常の邪念を吹き飛ばしてくれる楽園そのもの。「あぁ…この天国にずっと居たい!」そんな風に思わせてくれるボラカイ島は、旅好きならマストでチェックしておきたい、ネクストブームのリゾート。次の連休は、ボラカイ島へLet’s Go!

 

合わせて読みたい!

ワンランク上の「クルーズ船」旅行の楽しみかたを、月イチ海外のアラサーライターが教えます!

3泊4日シンガポール発着「クルーズ旅」のモデルプラン【コンテンツ豊富なアジア周遊&船旅スケジュールを現地レポ!】

高いと思ってない?「アジアクルーズ旅」はアラサー女子におすすめ!シンガポール発着の「ゲンティン ドリーム」の基礎知識

タイの京都「チェンマイ」は美容と神秘の宝庫。人生に一度は行きたい、おすすめ観光スポット6選

ヨガの聖地、タイの「チェンマイ」で1週間ヨガ体験!世界中のヨギーニが虜になる理由とは?

マレーシア文化を感じる!「クアラルンプール」で行きたい、歴史ある観光スポット4選

大人のテーマパーク「シンガポール」で行きたい!おすすめ観光スポットをエリア別にご紹介

憧れのバリ島5つ星ホテル♡「リンバ ジンバランバリ by アヤナ (RIMBA Jimbaran BALI by AYANA) 」で夢のラグジュアリーステイ


travel writer SHIORI(しおり)

東南アジアをこよなく愛し、会社員を辞めバックパッカーでアジアを半年間放浪。帰国後、旅行会社webマーケ、女子旅メディアディレクターを経て、トラベルライターに転身。現在は女子旅専門トラベルライターとして「綺麗になる旅」を追求中。2019年7月よりCLASSY.ONLINEでも執筆をスタート。
Instagram:@travler_s23
Blog:トラベルライターSHIORIの女子旅Blog

 

取材協力:フィリピン観光省

 

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE