CLASSY.

大人のテーマパーク「シンガポール」で行きたい!おすすめ観光スポットをエリア別にご紹介

こんにちは。アジアをこよなく愛するCLASSY.ONLINE女子旅トラベルライターのSHIORIです。
今回はアジアの中でも発展している国「シンガポール」の魅力をご紹介致します。大人のテーマパークとも呼ばれるシンガポールには、大人女子が楽しめる魅力的な観光スポットがたくさん。そんなシンガポール観光で優雅で大人なアーバンスタイルの旅行を楽しむための、おすすめスポットをエリア別にご紹介させて頂きます。

シンガポールのおすすめ観光スポット①マリーナベイエリア

シンガポールで一番有名なホテルと言えば「マリーナ・ベイ・サンズ」。このホテルがある一帯は周りを商業ビルに囲まれており、シンガポールの最先端技術が詰まった都会的なエリアになっています。有名なマーライオンがあるのもこのエリア。マリーナ・ベイ・サンズの屋上にある展望台からは、シンガポールの街並みが一望でき、夜景も綺麗なのでデートにもおすすめです。

このエリアで是非行って頂きたいのが、マリーナ・ベイ・サンズの隣にある「ガーデンズ・バイ・サ・ベイ」。101ヘクタールの面積を誇る巨大植物園で、園内には緑豊かな植物と彩り鮮やかな花々を使った、素敵なボタニカルガーデンが広がっています。

室内に作られた温室空間も素晴らしい作品ばかりなのですが、この植物園のハイライトは屋外にあるパワーツリー。日が暮れてから毎晩2回開催される「OCBCガーデン・ラプソディ」は幻想的な音と光を使ったエンターテイメントショー。何本もの巨大なツリーが音楽に合わせて光る様子はなんともロマンチック。マリーナ・ベイ・サンズ前で行われる「ワンダー・フル」のショーとはしごできる距離なので、是非時間を合わせて両方見てみてくださいね。

シンガポールのおすすめ観光スポット②ブギス・アラブストリートエリア

多民族国家であるシンガポールは、それぞれ異なる特色を持った街がいくつか形成されている異国情緒漂う国です。いくつかある文化形成エリアの中でも特におすすめなのは、ブギス・アラブストリートエリア。まるで中東の世界に入り込んだような、アラビックな建物やお店が建ち並ぶ人気の場所です。

お洒落なカフェや雑貨屋さんはもちろん、通りの奥にはセンス溢れるお洋服屋さんも目白押し。女性はショッピングで盛り上がること間違いなしなので、是非お気に入りの1枚を探しに足を運んでみて。

シンガポールのおすすめ観光スポット③チャイナタウンエリア

こちらは中国文化溢れるチャイナタウンエリア。その名の通り、中国系のあらゆるショップやレストランが建ち並ぶタウンです。中国らしい赤く色鮮やかな建物の中には、中国系雑貨のショッピングはもちろん、絶品の中国グルメのお店も。美味しい海南鶏飯や、原色カラーのデザートかき氷も必見。迷路のように入り組んでいるので、くれぐれも迷子にならないように気を付けて。

シンガポールのおすすめ観光スポット④リトルインディアエリア

スパイスが香る、エキゾチックなリトルインディアには、インド系の人々によって作られた独特な文化が色濃く残る街です。壁に描かれたグラフィティアートも、インドの世界観を物語っています。

リトルインディアには、お土産購入に便利な24時間営業の「ムスタファセンター」や、インド文化であるヘナタトゥー、アーユルヴェーダ体験ができる場所など見所が様々ありますが、おすすめは現地民の生活が良くわかる「テッカセンター」。

シンガポール文化である屋台村のホーカーや、煌びやかなインディアン衣装が揃う衣料品売り場などがあったりして、見ているだけで楽しい施設です。現地民に混じって、ホーカーで格安屋台飯を食べるのは如何でしょうか?

シンガポールのおすすめ観光スポット⑤シティホールエリア

シンガポールのホテルの名門「ラッフルズ・ホテル」があるシティホールエリア。シンガポールの中心地として、高層ビルや博物館・美術館他、新旧それぞれのシンガポールの街並みを見ることができるエリアです。中でも有名な「ラッフルズ・ホテル」は、世界的に有名なカクテル「シンガポール・スリング」が生まれた「ロング・バー」があるホテル。

「シンガポール・スリング」は、イギリスの小説家サマセット・モームが「東洋の神秘」とたたえた、世界一美しいと言われるシンガポールの夕焼けを表現したカクテルです。フルーティで甘みのあるカクテルは、お洒落なバーの雰囲気と相まって、いつもより酔いが進んでしまいそう。美しいコロニアル建築のホテルも必見。ホテル宿泊者でなくてもバーに入ることができるので、是非その味を堪能しに行ってみては?

シンガポールのおすすめ観光スポット⑥カトン地区エリア

カトン地区は、カラフルで可愛い建物が並ぶ「プラナカン通り」があるエリア。「プラナカン」とは、マレーシアやシンガポールにやってきた中国系移民の子孫を表す言葉で、建物の様式にもその名残りが随所に見られます。マレーシア、中国、ヨーロッパの文化が融合したカラフルな建物は、歩いているだけでウキウキします。インスタ映えするエリアなので、是非ベストショットを狙って歩いてみて。

シンガポールは、大人が楽しめる魅力的な観光地が詰まった国

大人のテーマパークと言われる所以が分かる、魅力的な観光地がたくさんのシンガポール。治安も良く、整備も進んでいるので、東南アジアの中でもアーバンスタイルの旅行を楽しめる場所となっています。カップルでの旅行先としてもおすすめなので、是非次のバケーションはシンガポールへ行ってみては?

travel writer SHIORI(しおり)

東南アジアをこよなく愛し、会社員を辞めバックパッカーでアジアを半年間放浪。帰国後、旅行会社webマーケ、女子旅メディアディレクターを経て、トラベルライターに転身。現在は女子旅専門トラベルライターとして「綺麗になる旅」を追求中。2019年7月よりCLASSY.ONLINEでも執筆をスタート。
Instagram:@travler_s23
Blog:トラベルライターSHIORIの女子旅Blog

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE