特集

宇垣美里さん推薦!「アラサー世代が勇気をもらえるマンガ」3選

「自分が好き」という自己肯定感は「幸せ」と深い関係にあるのだそう。幸福学を研究している前野先生に読者代表の3人が「自分を好きになる」ヒントを教えていただきました。

ゆりやんレトリィバァさんに聞いた「自分を好きになるための方法」

「自分を好き」って思う気持ちを後押ししてくれるマンガが知りたい

CLASSY.世代の宇垣美里さ
撮影/花村克彦

CLASSY.世代の宇垣美里さん。「自分が好き」になれる勇気やパワーをもらえるお勧めのマンガを教えていただきました。

【宇垣美里さん】自分らしく生きる女性の人生に勇気がもらえる3冊

  • CLASSY.世代の宇垣美里さ

    『裸一貫!つづ井さん』
    アラサー×おひとりさま×オタク=毎日生きるのが楽しい!Twitterでも元気で楽しそうな姿が評判の「魂がオタク」なアラサー女子の日常を、大ヒット作『腐女子のつづ井さん』の著者が描くコミックエッセイ新シリーズ。つづ井著(文藝春秋)

    人の目を気にせずハッピーに生きる姿に勇気をもらえます by宇垣
    アラサーオタク女子のつづ井さんが、さまざまなオタク趣味を持つ友人たちとおもしろおかしく過ごす姿に、人からどう見られようと「自分たちがハッピーで満たされていたらそれでええやん!」と勇気が湧いてくるマンガ。「人生捨てたもんじゃないよ!」と思わせてくれます。

  • CLASSY.世代の宇垣美里さ

    『今夜すきやきだよ』
    結婚願望が強いが家事はまったくできないフリーの内装デザイナー、あいこ。家事は得意だけれど、世の中の結婚や恋愛があまりピンとこない絵本作家のともこ。「理想の結婚相手が見つかるまで」と正反対のアラサー女子が二人暮らしを始める。谷口菜津子著(新潮社)

    「自分らしく生きればいい」と寄り添って背中を押してくれます by宇垣
    キャラの違う2人の主人公、「あいこ」と「ともこ」。2人が社会で女として生きるもやもやを描きながらも、「その人らしく生きたらええやん!」と寄り添って背中を押してくれるような作品。あきらめる前に話し合ったら、自分の好きな自分でいられる気がしてくるマンガです。

  • CLASSY.世代の宇垣美里さ

    『海が走るエンドロール』
    65歳を過ぎ夫と死別し、数十年ぶりに映画館を訪れたうみ子。そこには人生を劇的に変える衝撃的な出来事が待っていた。海(カイ)という映像専攻の美大生に出会い、自分は「映画を撮りたい側」の人間なのだと気づき、映画を作り始める。たらちねジョン著(秋田書店)

    主人公のように生きたら自分のことが好きになれそう by宇垣
    65歳で自分のやりたいことに気づいたうみ子の姿を見ていると、ついつい自虐をして予防線をはりたくなるのをやめよ!って思えます。そうやって自分のことを認めてあげたら生きるのが楽しいし、自分のことが好きになれると思える作品です。続きが待ち遠しいですね。

宇垣美里
’91年、兵庫県生まれ。’19年にTBSを退社し、フリーアナウンサーとして幅広く活躍。マンガ好きとしても知られ、連載コラムや番組が注目を集めている。

撮影/平井敬冶 ヘアメーク/根本茉波 スタイリング/皆川bon実絵  取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

「アラサーのお悩み」関連記事

イライラ!周りにいる嫌な女に「絶対に言ってはいけない一言」4つ

口癖を変えてみたら、幸せになれるかも…?

アラサー女子には「人間関係の断捨離®」が必要だ!~恋愛編~

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus