CLASSY.

骨格診断

「骨格診断で選ぶ、いちばん似合う服 」CLASSY.10月号での結論!【骨格診断アナリストが診断】

CLASSY.2016年の5月号の『似合うシャツは〝骨格〟で決まる』企画を皮切りに、抜群の人気を誇る〝骨格診断〟メソッドを基にした、スタイリング紹介ページ。「CLASSY.ONLINE」では特別編として、骨格診断アナリストである本誌ライターの棚田トモコが本誌のスタイリングをすべてチェック!!その中から各骨格に似合うコーディネート、ベスト5をご紹介しています。 これを読めば、〝骨格に似合う〟はもちろんのこと、トレンドもCLASSY.らしさも兼ね備えた、コーディネートを知ることができちゃいます!

第4回目は、CLASSY.10月号を通して見た、総まとめ編です。

まずは3つの骨格の特徴をおさらい!

  • ストレート体型はこんな人!

    ☑筋肉のつき方に特徴が出やすい
    ☑リッチで肉感的なメリハリボディ
    ☑身体に厚みがある
    ☑膝下はスッと細い
    ☑どちらかというと上半身に脂肪がつきやすい
    ☑肌はハリのある質感
    ☑どんなに痩せていてもガリガリに見えない
    ☑健康的で存在感がある
    ☑ウエストが出にくく、寸胴

  • ナチュラル体型はこんな人!

    ☑関節の大きさに特徴が出やすい
    ☑骨格フレームを感じるスタイリッシュボディ
    ☑関節や骨格がしっかりとしている
    ☑肉感をあまり感じさせない
    ☑肌の質感はドライな印象
    ☑マニッシュで中性的な雰囲気で少年体型っぽい
    ☑くるぶしや膝などがしっかりとしていて大きい
    ☑手や足も大きい傾向
    ☑可愛いものよりもかっこいい雰囲気のもののほうがしっくり

  • ウェーブ体型はこんな人!

    ☑脂肪のつき方に特徴が出やすくい
    ☑華奢でなだらかなカーヴィーボディ
    ☑身体に厚みがなく、薄い
    ☑上半身には脂肪がつきにくいので、一見細く見える
    ☑実は下半身にボリュームがある
    ☑また肌が流れるように柔らかい
    ☑二の腕が細い人が多い
    ☑首が長く、水が溜まるような鎖骨が特徴
    ☑脚が短め

CLASSY.10月号から選んだ、各骨格に一番似合うベストコーデはこれ!

  • ストレート体型に似合うコーデ第1位
    ネイビージャケット×ストレートデニム

    トラッドな印象のデニムスタイルはストレートの味方
    ストレートデニムに首元が縦に広めにあいたトップス、きちんと感のあるジャケット…アイテムの一つ一つがストレート体型をすらりとした印象に。四角いバッグやポインテッドパンプスもすっきりさを後押し。

    「CLASSY.」2019年10月号P.102掲載

  • ナチュラル体型に似合うコーデ第1位
    ネイビージャケット×白デニム

    〝ゆる×ゆる〟シルエットはナチュラル体型の味方
    骨がしっかりしているナチュラル体型はその身体のフレームを活かした、〝ゆる×ゆる〟シルエットがよく似合います。デニもジャケットも、インナーのシャツもしっかりとした骨感を隠すビッグサイズをセレクトして。

    「CLASSY.」2019年10月号P.85掲載

  • ウェーブ体型に似合うコーデ第1位
    白トップス×黒スキニー

    パンツならウェーブの柔らかい肌質に似合うスキニーを
    可愛いらしいものが得意なウェーブ体型は、パンツスタイルが苦手。それでも〝モテデニム〟として名高い、スキニーパンツはウェーブ体型にしか似合わないアイテム。華奢な上半身を盛り上げる、とろみトップスも味方。

    「CLASSY.」2019年10月号P.120掲載

     

以上を踏まえての、骨格診断アナリスト棚田の結論!

CLASSY.読者の大好きなアイテム、〝デニム〟を大特集したCLASSY.10月号。カジュアルの代表アイテムを使ったコーディネートをさまざまな企画を通して紹介していますが、やはりそういうときに強いのはナチュラル体型〝ゆる×ゆる〟のシルエットが目に留まります。今月もきちんと感が得意なストレート体型と、フェミニンな雰囲気のものが得意なウェーブ体型のものは、少なめだったのが正直なところ。そして、実は〝これ、どれにもあてはまらない…〟というコーディネートのほうが断然多いのも事実。でも当たり前なんです。だって骨格タイプだけを考えたコーディネートではオシャレの幅が狭くなってしまいますよね。CLASSY.ONLINEのこの「骨格診断」企画は、本誌「CLASSY.」のベーシックだけどちゃんとミーハー心もあるコーディネートを、いかに骨格別の〝似合う〟に寄せられるかを考えてセレクトしています。たとえば、あきらかにウェーブタイプに似合うスタイリングだけど、トップスだけはウェーブに似合わない…なんてこともあります。そういうことって、みなさんもありますよね? どうしてもあるニットを気に入って買ったけれど、骨格タイプには全然似合わないデザインのものだったりすること。でもそれは小物で骨格タイプに似合うものを散りばめたり、それ以外を骨格に似合うアイテムにすることで着こなせたりするもの。そうやって、骨格診断とオシャレを両立していけば、私たちのオシャレはもっともっと楽しくなるんだと思った10月号の総まとめでした。

【骨格別】2位~5位のコーディネートはこちらから【骨格診断】

kokkaku-st9

kokkaku-na10

kokkaku-wa10

解説・執筆したのは…

棚田トモコ
ライター・骨格アナリスト

光文社「CLASSY.」や「JJ」を中心にファッションや美容ページ企画などのライターとして活躍する傍ら、骨格診断ファションアナリスト協会認定校(ICB INTERNATIONAL)にて骨格診断のディプロマを取得。以降〝骨格アナリスト〟としても活動中。ファッション・美容ライターとして培った知識と骨格診断を融合して、いかに今っぽくその人を輝かせるかを提案します。韓国と舞台観劇、チョコレートが大好きで、愛称は〝ティナ〟。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE