特集

【プロポーズの方法、式の準備…】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

「夫婦はこうでなくちゃ」なんて固定観念が過去のものになった今、ここ2年で結婚式のスタイルもどんどん変化していました。コロナ禍に結婚式を挙げた卒花嫁さんの取材からわかった、〝令和らしい〟最新ウェディング事情をお届けします。

コロナ禍のリアルな「結婚式事情」【延期中にフォトウェディング編】

【令和のウェディング事情】プレ中のプレ

〝結婚式は女子の夢だから花嫁の好きなように〟なんて過去の話。「大切な思い出は2人で作る」。そんな思いから、2人らしいウェディングについてお互いの希望をじっくりと話し合うのが主流に。

  • 〝結婚式は女子の夢だから花嫁の

    プロポーズはきちんと自分の理想を伝える
    「同棲を始めた頃から理想のプロポーズを伝えていました。婚約指輪にもこだわりたかったので、プロポーズされる半年前から夫を引き連れてリングの下見に。時間をかけて自分好みのデザインに出合えたぶん、指輪にも夫に対しても愛が深まりました」(M.Fさん・会社員)
    「憧れのラグジュアリーホテルを指定し、夜景を一望できるレストランで108本のバラとともにプロポーズしてもらいました。王道かもしれませんが、小さい頃からの夢が叶って本当に嬉しかったです」(H.Kさん・保険関連)

    \ここ最近は‶海辺でプロポーズ„がみんなの憧れ/
    「大々的なプロポーズに苦手意識があり、開放感のあるビーチをリクエスト。事前に知らされていたため、当日は写真に残すことを考え、シンプルで大人っぽいキャミワンピを着て行きました」(R.Eさん・広告関連)

  • 〝結婚式は女子の夢だから花嫁の

    入籍して、一緒に暮らしながら挙式の準備
    「当時はお互い社会人1年目でお金がなく、2年かけて一緒に結婚式費用の貯金をしました。途中で熱が冷めないか心配でしたが、むしろその逆に。2人で同じ目標に向かって頑張ることが楽しくて、入籍当初より結婚式に対しての思いがグッと強まりました」(M.Uさん・商社)
    「式場主催のウェディングワークショップに何度も参加しました。私も夫もこだわりが強く頑固なため、第三者を介しながら理想の結婚式について語り合えたのがよかったです」(田中智沙さん・美容関連)

  • 〝結婚式は女子の夢だから花嫁の

    インスタグラムでウェディングアカウントを作る
    「ブライダルエステの体験モニターの案内が送られてくることもしばしば。美容代をかなり削減できたぶん、披露宴のオプションサービスを追加できました」(落合佐奈さん・航空関連)
    「インスタグラムで『#ちーむ0423(挙式日)』と検索すると、同じ挙式日を予定しているプレ花嫁さんのアカウントがずらり!親近感が湧き、実際に連絡を取って直接お会いした方も。夫は仕事で忙しくほぼ準備に関われなかったので、SNSで繋がった友人と励まし合いながら乗り越えました」(K.Sさん・医療事務)

イラスト/green K 取材/岸本真由子 再構成/Bravoworks.Inc

「ウェディング」関連記事

バービーさん「結婚してもしなくても変わらない自分がいるなら、『30歳の壁』にとらわれなくていい!」

【結婚連載】フォトウエディングは、船上でお互いの趣味を表現!?【今どきカップルの結婚図鑑】

コロナ禍のリアルな「結婚式事情」【新しい!リモートウェディング編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus