特集

SixTONES京本大我さん、大好きなトマトを前にして…【CLASSY. 2022年2月号裏話②】

2月号に登場のSixTONES京本大我さん。同じSixTONESの松村北斗さんにはおなじみ「会社の後輩」として、ジェシーさんには「取引先のIT社長」の設定で登場していただいた「もしも」シリーズをお願いするにあたり、アーティスティックな雰囲気の京本さんには「クリエイティブディレクター」という設定を演じていただきました!撮影裏話の後編をお届けします。

SixTONES京本大我さん、愛する“あのキャラクター”の絵を描きまくる!?【CLASSY. 2022年2月号裏話①】

京本大我さん撮影裏話②

休憩用の軽食を料理するシーンで

休憩用の軽食を料理するシーンでは、京本さんが好きなことで知られているトマトを用意して、カプレーゼを作っていただきました。スケッチを描くシーンもですが、カプレーゼを作る手際もとてもスピーディー!実際に作るために用意した材料とは別に、完成品のカプレーゼも持ってきていたのですが、京本さん作のカプレーゼの完成度が高く、そちらは出番なしに。マンガのスケッチもですが、カプレーゼも普段から作り込んでいるのかも?と思わせる手際のよさでした。

インタビューでは、現在公演中の全国ツアー「Feel da CITY」への意気込み、また主演と音楽を担当する舞台「流星の音色」などについてお話を伺いました。お誕生日が近かったので取材後に編集部からお花をお渡しすると、お花がスタッフに見えるように向きを変えて見せてくれるなど、最初から最後までノーブルな王子様感あふれる京本さん。今年もグループとして、また個人としての活躍に要注目です!

構成/CLASSY.ONLINE編集室

「京本大我さん」関連記事

京本大我主演『ニュージーズ』観劇レポート|辛酸なめ子の「おうちで楽しむ」イケメン2020 vol.29

ついに開幕! 京本大我主演『ニュージーズ』初日の模様をレポート

「基本はネガティブ!?」SixTONES京本大我の挑戦

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus