特集

コロナで変わった結婚事情を数字で読み解く【お見合いや成婚数が増加?】

最近、ネットニュースでも、ご自身の周りでもなんだか結婚報告をよく聞く気がしませんか…でもコロナ禍真っ最中なのに??実際のデータ、男子の本音座談会、2020年に結婚したカップルの話を元に“コロナで男子の結婚観が変わった„らしい説について調べてみました。

あわせて読みたい

「コロナを口実にして、別れを決意」コロナで変わった男子の恋愛【31歳・代理店勤務】

コロナに振り回された2020年、「結婚マインド」にも大きな影響が

  • 最近、ネットニュースでも、ご自

    結婚相談所の登録者数はそもそもこの2年で急増しています
    日本結婚相談所連盟の会員登録者数はコロナ禍を経た’20年も減るどころか、右肩上がりに。結婚相談所での婚活が盛り上がっていることもありますが、全体的に結婚への意識が高まっていると感じます。今後も合コンや飲み会など日常生活の出会いが減っていくと、結婚相談所のニーズはさらに増加すると予想されます。

  • 最近、ネットニュースでも、ご自

    緊急事態宣言解除以降、「お見合い」件数は過去最多に!
    結婚相談所に登録している男女が出会う「お見合い」の件数は、最初の緊急事態宣言が発令された’20年4月、5月はいったん減少したものの、その後V字回復。’20年8月には過去最高となりました。オンラインお見合いが増え、エリアをまたいで出会うチャンスが増えたことも理由の一つだと考えています。また、お見合いをした男女のうち50%がプレ交際に移行したのも嬉しい事態でした。

  • 最近、ネットニュースでも、ご自

    2020年下半期は「成婚数」も大幅に増加!
    見合い件数が多くなるとおのずと交際数も増え、その結果、成婚数も増加。お見合い件数は6月以降、増加を続けています。結婚相談所ではお見合いをしてから3カ月ほどで成婚するカップルが多く、実際に’20年12月は過去最高の成婚者数1,527名を達成。社会全体で見ても東日本大震災後に「絆婚」が増えたように、大きな社会不安があった後は婚姻件数が増える傾向にあります。

今まで結婚に興味がなかった男子の気持ちがコロナで変わった⁉

社会不安があると人は「絆」を求める傾向にあり、これまで結婚を考えてこなかった男性の気持ちが変わるということは大いにあると思います。また、これまで時間がなくて婚活できなかったという人もリモートワークで自分の時間が増え、婚活が可能になるかもしれません。実際に結婚相談所の登録者数は増加を続けています。決して焦る必要はありませんが、今が婚活の始め時なのではないでしょうか。

お話を聞いたのは…

IBJ広報 椎名麻里さん
独自のITシステムとハンズオンサービスの両輪で、ライフスタイルや婚活フェーズに合わせたサービスを提供する婚活業界のリーディングカンパニー・IBJ広報担当。IBJ公式ブログのストーリーで社内の様子を発信中。

撮影/蓮見 徹 イラスト/沼田光太郎 取材/川西麻依子

◆あわせて読みたい

私が出会った残念なオトコ図鑑 第13回【コロナで潔癖症MAXになった男】

「コロナで分かった家庭的な一面に…」コロナで変わった男子の恋愛【Cさん33歳・経営者】

「僕が美人の彼女と別れた理由」コロナで変わった男子の恋愛【30歳IT・会社勤務】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE