特集

クリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❷「自分のことを…」

早いもので、色々あった2020年ももうおしまい。そして、クリスマスも終わりました。「今年こそカレにプロポーズされる」と思っていたのに、何もなく終わってしまったアラサー女子の方々もいるかもしれません。年末年始に「私が悪いの!?ねえ!結婚しようよ!!」などと鬼の形相でカレに迫り、関係に終止符を打たれる前に、「来年こそはプロポーズされるには」を多角的に考えます。

昨日の記事

クリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❶「交際歴1年以上の人は…」

極意2「彼のファン心理を活用する」(K.Kさん/美容関係・33歳の証言)

あの有名人もファンがきっかけで結婚!?

あの天下のキ●タクもはじめは奥

あの天下のキ●タクもはじめは奥さんの”ファンだった説”をご存知でしょうか。彼がまだそこまでブレイクしていない時、お相手は既に売れっ子アイドル。彼の中ではきっと高嶺の花・憧れの存在だったのでしょう。そういう関係値から恋愛が始まる場合、そもそも男性側のテンションが高いわけです。

テンションの高い男性が相手の場合、極論、彼女と結婚したくてどうしようもないはずなので(ヘマさえしなければ)結婚までは割とスムーズのはず。つまり、来年までにできることは、自分プロデュースをして彼をファンにするor今の時点でファンの男を狙うかのどちらかです。

では、有名人ではなく一般人が相手をファンにさせるためには?ひとつは、高嶺の花になること。例えば、誘われてもなかなか行かない、彼より目上の男性(先輩や上司など)と仲良くする、適度に冷たくミステリアスでいる、などです。”ルールズ”みたいですが、要は手が届かなそうな存在になること。「彼女といれば俺の格は上がるだろう」そう思わせること。そして、自分のファンの男性を選ぶというのは、学生時代からちやほやしてくれているけど自分的にはちょっぴり圏外な男、もしくは会社の後輩で密かに自分を慕ってくれていそうな感じの男性などです。実はずっと憧れ目線を送ってくれている男性に、今年こそ目を向けてみてはいかがでしょうか。結婚してからもおそらく楽なはずです。

💡今回の「来年のクリスマスまでにプロポーズされるための方法」まとめ

●自分のファンの男性はそもそものテンションが高いので、結婚までスムーズにいきやすい
●相手を自分のファンにするために自己プロデュースを!
●身近な男性の中に既にファンがいないか、見直して

イラスト/Nobby 取材/田村宜子 構成/CLASSY.ONLINE編集室

他の「クリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと」はこちら

クリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❶「交際歴1年以上の人は…」

クリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❸「美容代を…」

クリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❹「料理は料理でも…」

クリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❺「ぽっちゃりは…」

去年のクリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❻「聞き上手じゃなくて…」

去年のクリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❼「お金に関して…」

去年のクリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❽「祖父を勝手に…」

「プロポーズ」関連記事

クリスマスにプロポーズされなかったアラサー女子がやるべき10のこと❶「交際歴1年以上の人は…」

アプリで出会った男に初デートでプロポーズされた話【みんなの恋愛焼却炉〜嫌な思い出は燃やしてしまおう〜】

プロポーズだと思ったら…衝撃の浮気発覚エピソード3つ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE