特集

「災害時に生理が来たら…」ちゃんと備えてますか?「防災バック」に入れておきたいおすすめ生理用品6つ

地震や大雨など、自然災害が増えている昨今。いざというときのために、防災バッグの準備はできていますか?備えるべきものはたくさんありますが、実は忘れがちなのが、女性には欠かせない「生理用品」です。今回は、避難生活でも生理をスムーズに乗り切るための、「おすすめの生理用品6つ」をニーズ別にご紹介します。

アラサー世代の「生理事情」総まとめ【GUの吸水ショーツ、月経カップ、VIOケア…】

実は防災グッズとして後回しになりがちな、生理用品

備蓄している女性はわずか39%という結果も

防災グッズに関する調査の結果、62%の人が防災グッズを用意していると回答。その一方で、防災グッズの中に生理用品を準備している人は39%でした。※1 また、別の調査によると、よく備蓄されるものの上位3位は、懐中電灯、保存水、保存食糧という結果となっており、安全に最低限の生活を過ごすためのグッズを用意する人が多いようです。しかし、生理用品は46位中39位となっており、生活必需品であるにも関わらず準備が後回しになっていることが分かります。※2 後回しに備蓄されがちな生理用品ですが、避難生活中に生理がきたり、ホルモンバランスの乱れなどから突然生理がくる可能性は十分にあります。
※1 BLAST Inc.による2022年アンケート結果
※2 朝日新聞Reライフ.netによる2022年アンケート結果

防災グッズに関する調査の結果、

災害時、生理は十分にケアしづらい!

「生理用品など女性に必要な物資を支給してほしい」との声も多数

実際、被災中に生理になった人からは、「簡単に生理用品を捨てられるようにしてほしい」「生理用品を用意しておいてほしい」「匂いがでないようにしてほしい」といった要望が多くみられます。※1 また、災害時に避難が必要になった際、避難所に希望することとしては、「男女別トイレや更衣室を用意してほしい」「プライバシーに配慮した空間の工夫をしてほしい」という回答がトップにくるほか、「生理用品など女性に必要な物資を支給してほしい」「女性の医師や相談員がいてくれると身体的にも精神的にも安心」との声も。※2 しかし、避難所を運営する国内全自治体の61.9%では、防災担当部署に女性職員が全くいないという実情があります。そのため女性職員がいない自治体では、「女性用の下着」や「生理用品」などの備蓄が進んでいないのが現状です。※3 行政が多様な視点から防災対策を進めることにも期待したいですが、自分でできることとして、生理用品をはじめとした被災時の不安を軽減するアイテムを、今のうちから準備しておくようにしましょう。
※1 THINK vinc.による2021年アンケート結果
※2 特定非営利活動法人イコールネット仙台による2008年調査結果
※3 内閣府男女共同参画局による2022年調査結果

災害時に備えておきたい!ニーズ別「おすすめ生理用品」6つ

もちろん、普段の生活でも大活躍!

  • 実際、被災中に生理になった人か

    1.通常の下着としても使いたい: 吸水ショーツ
    【Nagi フル、スタンダード、スリム】
    生理用の吸水ショーツとしてはもちろん、普段の下着として兼用可能なので、防災バッグに入っていると便利です。経血量に合わせて、フル、スタンダード、スリムの3タイプから選べます。洗って繰り返し使うことができるため、生理用品が足りなくなりそうな災害時にも安心です。

  • 実際、被災中に生理になった人か

    2.くり返し使いたい:月経カップ
    【エヴァカップ】
    洗って繰り返し使える月経カップ。経血量によっては最長12時間装着が可能なため、避難所生活でも、限りある生理用品を消費することなく過ごせます。また、医療用シリコーン製で耐久性もばっちり。保管方法によるものの、多くの場合は数年間使うことができます。防災グッズとして、長年保管する場合にも安心です。

  • 実際、被災中に生理になった人か

    3.コンパクトで保管しやすい:パンティーライナー
    【ロリエ きれいスタイル】
    薄さ1mmの、かさばらない吸収シート。全面通気性でムレにくく、しっかりとおりものを閉じ込めます。サラサラ状態が10時間続くため、お風呂に入れないときや下着が洗えないときでも快適。無香料のほか6種類の香りがあり、リフレッシュもできます。

  • 実際、被災中に生理になった人か

    4.避難所で下着を干しづらいときに:ランドリーバック
    【レスキューランドリーバッグ】
    洗剤つきで、洗濯と物干しの両方ができるランドリーバッグ。バッグの内側にはメッシュネットがついており、洗浄したあとにそのまま排水&脱水ができます。また、プライバシーを保ちにくい避難所での洗濯を想定し、洗濯物を隠しながら干せる構造なのも嬉しい。

  • 実際、被災中に生理になった人か

    5.清潔さをキープ:デリケートシート
    【ソフィ デリケートウェットティッシュ】
    デリケートゾーンのベタつきを、さっぱりとふき取ることができるシート。お風呂になかなか入れない被災時、生理の不快感を軽減してくれるアイテムです。トイレで使ってそのまま流せます。肌触りのよい不織布を使用しているため、敏感肌にもやさしく安心です。

  • 実際、被災中に生理になった人か

    6.匂いが気になるときに:サニタリーバッグ
    【セリア 消臭機能付き 黒いポリ袋】
    中身が見えず、消臭効果のあるポリ袋。避難所のトイレにサニタリーコーナーがなく、生理用品が捨てられないときでも、匂いを気にせず処理できます。袋には持ち手があるため結びやすく、さらにポップアップ式のパッケージで1枚ずつ取り出せるのが嬉しい。

情報提供:
Nagi フル、スタンダード、スリム https://nagi-jp.com/pages/choose_your_style
エヴァカップ https://integro.jp/products/evacup
ロリエ きれいスタイル https://www.kao.co.jp/laurier/kirei/
レスキューランドリーバッグ https://storee.saisoncard.co.jp/shop/g/gAA0077-4589479580092-P/
ソフィ デリケートウェットティッシュ https://www.sofy.jp/ja/products/wet.html
セリア 消臭機能付き 黒いポリ袋 https://www.seria-group.com/

構成/CLASSY.ONLINE編集室

「生理用品」関連記事

【おすすめ月経カップ3選も】「生理やデリケートゾーン」のこと、専門家に聞いてみた

吸水ショーツ、吸水パッド…話題の「生理用品」6選

【話題のフェムテックを試してみた!】ストレスフリーなおすすめアイテム3選

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus