特集

男子がグッとくる「正しいギャップ」の作り方とは?

普段の休日→特別な休日、勘違いな彼女の“がっかり”ギャップエピソード

Bさん(テレビ局勤務・34歳)の場合

  • 記念日、誕生日…特別な日のギャ

    「普段のデートは上品なデニムスタイルが多い健康的な彼女」

  • 記念日、誕生日…特別な日のギャ

    「記念日に、予約が取れない銀座の鮨屋を張り切って予約しました」

  • 記念日、誕生日…特別な日のギャ

    「入店し彼女のコートを脱がせた瞬間、ギョッとしました!」

  • 記念日、誕生日…特別な日のギャ

    「キャミにファー! けばい…そして絶対”同伴”だと思われてる…最悪の記念日に彼女との別れを考えてしましました」

普段の休日→記念日、こんなギャップが正解!

特別なディナーのドレスアップに流行のレーストップスが最適

Bさんコメント「エレガントなの

Bさんコメント「エレガントなのにほんのり色っぽい。これなら自慢の彼女です!」

〈女性〉レースブラウス¥18,000(ルル・ウィルビー/アルアバイル)ピアス¥4,450(JUICY ROCK)ブレスレット¥7,900(ル・ベルニ/キャセリーニ)

〈男性〉ジャケット¥83,000〈L.B.M.1911〉パンツ¥23,000〈サンタニエッロ〉(共にトヨダトレーディング プレスルーム)ニット¥8,800(スーパーサンクス/バンプロ)

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) モデル/阪井まどか、陸守絵麻、櫻井貴史、南中将志 ヘアメーク/陶山恵実(ROI) スタイリング/平沼洋美〈女性分〉、中西ナオ〈男性分〉 取材/宮沢裕貴子

※がっかりスタイルの服はすべてスタイリスト私物です。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE