【シャネル、オメガ…】堀田茜さんと今年こそ見つけたい!「憧れブランドの本命ウォッチ」5選

ご褒美でもあり、未来への投資でもある…一年の終わりはそんな買物がしたい。身に着ける人を知的に上品に見せる時計は、働き盛りの30代の心強い味方に。理想を思い描き選ぶ一本は、あなた自身を映す鏡――忙しく楽しく働く私たちに、素敵な腕時計の輝きを!

【CHANEL】

エレガンスと洗練の象徴であるモチーフを宿す幸せ――働く時間に自信をくれる時計

ミニマルなフェイスとキルティン

ミニマルなフェイスとキルティングパターンのレザーベルトが完璧なコンビネーション。マスキュリンさの中に潜むフェミニニティは、まさにメゾンのアイデンティティ。ベルトを簡単に付け替えられるインターチェンジャブル仕様なので、装いに合わせてストラップも着替えたい。時計「ボーイフレンド」〈SS×カーフスキンストラップ ケース 27.9×21.5㎜ クォーツ〉¥665,500リング「ココ クラッシュ」〈WG〉¥445,500(ともにシャネル)ジャケット¥67,100(フミエ タナカ/デミルクス ビームス 新宿)ブラウス¥19,800(セテンス)オールインワン¥49,500(DES PRÉS/DES PRÉS)

【Cartier】

端正かつ華やか、そして上品なアピール力も。理想の女性像と重なる名品

アンティークウォッチのような繊

アンティークウォッチのような繊細さに目を奪われる、オーバル型のレディなフォルム。この先キャリアを重ねた自分にもきっと寄り添い続けてくれるという確信が、この時計への愛着をさらに掻き立てます。時計「ベニュワール」〈YG×ブラックシャイニーカーフスキン ケース24.6× 18.7㎜ クォーツ〉¥1,122,000リング「エタンセル ドゥ カルティエ」〈YG×D〉¥385,000(ともにカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)ブラウス¥25,300(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)

【BVLGARI】

気合いを入れるとき。ホッと一息つきたいとき。どんな一瞬も特別にするウォッチ

スネークの頭を模した曲線美のケ

スネークの頭を模した曲線美のケースは、ブランドの真髄を表現する類い稀なる存在感。六角形のスカリエ(鱗)ブレスレットとのコンビネーションも絶妙で、身に着けた瞬間からスッとなじみ、まるで自分の体の一部かのような錯覚を覚えるはず。ステンレススチールならグラマラスさは控えめ、フレッシュに取り入れられるのも魅力。時計「セルペンティ セドゥットーリ」〈SS ケース33㎜ クォーツ〉¥726,000(ブルガリ/ブルガリ ジャパン)ニット¥97,900(エイトン/エイトン青山)スカーフ¥14,300(マニプリ)

【OMEGA】

時代を超えたデザインと卓越した技術。華美さとは一線を画す佇まいはワークシーンにこそ頼りたい

ハンサムなジャケットスタイルの

ハンサムなジャケットスタイルのアクセントに効かせたのは、新色のサマーブルーが目を引く爽やかなスポーツウォッチ。1948年の初代誕生から今年で75年が経ち、進化した大人気モデル「シーマスター」の新モデルは、絶対的な精度や防水性能、細部まで詰まったこだわりはもちろんのこと、光を受けてきらめくダイヤルが海面の輝きのような美しさ。時計「シーマスター アクアテラ シェード」〈SS ケース38㎜ 自動巻き〉¥1,078,000(オメガ/オメガお客様センター)ジャケット¥90,200(カレンテージ/メルローズ)ニット¥39,600(チノ/モールド)リング¥23,100(ガルニ/ガルニトウキョウ)

【JAEGER-LECOULTRE】

ふと時間を確認する瞬間もきっと特別になる――正統派のムードをその手元に

色で遊んだ装いも知的なムードに

色で遊んだ装いも知的なムードに仕上げてくれる、レザーベルトのレクタンギュラーウォッチ。実直さと上質感は格別で、3本のゴドロン装飾によって、ひと目見ればそれとわかる特別なアピール力を備えています。時計「レベルソ・クラシック・スモール」〈SS ケース35.78×21㎜ 手巻き〉¥1,174,800ストラップ〈アリゲーターストラップ〉¥57,640(ともにジャガー・ルクルト)ストール¥49,500(アッパーハイツ/ゲストリスト)ニット¥39,600(ネプラ/シップス インフォメーションセンター)シャツ¥37,400(エイトン/エイトン青山)ブレスレット¥48,400(ガルニ/ガルニトウキョウ)

※文中の素材は、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、WG=ホワイトゴールド、SS=ステンレススチール、D=ダイヤモンドを表します。

撮影/金谷章平〈人物〉 モデル/堀田 茜 ヘアメーク/笹本恭平(ilumini) スタイリング/三好 彩 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Pickup