特集

スタイリストに聞いた「白シャツ&デニム」を今っぽく見せるコツ【乾千恵さんの場合】

CLASSY.ベーシックの根幹を担うと言っても過言じゃない、白トップスとデニム。アレンジしがいのあるこのふたつのアイテムを、今ならどう選んでどう着こなす?CLASSY.スタイリストが導き出す、最新スタイルは必見です。

スタイリストに聞いた「白トップス&デニム」を今っぽく見せるコツ【荒木里実さんの場合】

スタイリスト・乾 千恵さんおすすめコーデ

デニムの持つ圧倒的なカジュアルさをシックな女らしさに仕上げたい

【Levi’s®×SNIDEL

【Levi’s®×SNIDEL】
シャツ¥36,300キャミソール¥10,450(ともにドゥーズィエムクラス/ドゥーズィエムクラス青山店)パンツ¥14,300(リーバイス®/SNIDEL ルミネ新宿2店)肩にかけたスウェットプルオーバー¥13,200(ディスカス アスレチック/カレンソロジー新宿)眼鏡¥28,600(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)パールネックレス¥48,400 コインネックレス¥25,300(ともにマリハ)ピアス¥13,200(D.U.E/e.m.PRESS ROOM)サンダル¥48,400(ネブローニ/フラッパーズ)バッグ¥170,500(ザンケッティ/エリオポール代官山)

私が普段から意識しているのは好感度の高さや、女性ならではのしなやかさ。ユニセックスなデニムこそ、この持ち味を織り交ぜたスタイリングに仕上げたい。トップスは清潔感あふれる白シャツを。体が泳ぐようなサイズを選べば、ラフさ以上に女らしさが際立ちます。デコルテをのぞかせたり、きれいな小物合わせで洗練された大人のムードに。(乾 千恵さん)

スタイリストの私物デニムも紹介!

「デニムが主役の着こなしよりも

「デニムが主役の着こなしよりも、素材のカジュアル感をエッセンスとして使うのが好き。重ね着することも多いので、腰回りはタイトで裾にダメージなどのニュアンスがあるものを選びます。右はシチズン、白はGU、左はリダン」。

教えてくれたのは…

乾 千恵さん CLASSY.の

乾 千恵さん
CLASSY.のフェミニン担当。ロング&ロングやオーバーシルエットなど難易度高い旬のバランスも、彼女の手にかかればスタイルアップ。自身の持ち味であるドラマティックな女らしさを投影したデニムコーデにも定評が。

撮影/土山大輔(TRON)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 スタイリング/乾 千恵 モデル/松島 花 ヘアメーク/桑野 泰成(ilumini) 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

「春コーデ」関連記事

真似しやすい、大人の春コーデ「定番の白シャツをかっこよく着る」

アラサー女子の「春トレンドの人気アイテム」で大人カジュアルコーデ6選

【リーバイス501】超定番デニムの「大人カッコいい」コーデ5選

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus