特集

結論・カーディガンタイプのニットが一番使える!佐藤匠さんの着回し実例つき

ほぼ毎日ニットの生活に早くもマンネリを感じていませんか?着こなしがワンパターン化してきた…なんて方も多いはず。そこでCLASSY.リーダーズ4名に周りと差がつく「ニットコーデ」を伝授してもらいました。今回は、自他ともに認めるファッションフリークの佐藤匠さん圧倒的コーディネート力で本誌でも数々の特集が組まれています。着回し実例も含めてぜひ参考にしてみてください。

いまいち攻略できないトレンド服「サイドゴアブーツ」…佐藤匠さんの着回しが参考になる!

「DÉPAREILLÉ」のニット

ストールとドッキングされたニットカーディガン

「個性的なアイテムでしたが、こ

「個性的なアイテムでしたが、こなれ見えと防寒の両立が叶うことで即決。ストールの巻き方、ボタンの閉め方次第で雰囲気がガラリと変わり、その日の気分に合わせたコーディネートを楽しめます」(佐藤さん)

佐藤匠さんが着回すと…?

1.上下のボリュームバランスを意識

「ニットのボタンを全部開けて、

「ニットのボタンを全部開けて、カーディガンとして着用しました。ストレートデニムと合わせるときは、髪を下ろしたり、ストールをふんわり巻いたりと、上半身にボリュームを出すのがスタイルアップの秘訣」(佐藤さん)
knit:DÉPAREILLÉ knit:UNIQLO denim:RE/DONE bag:THE ROW boots:ZARA

2.シンプルコーデこそ小物使いがキモ

「キャップ、スニーカー、ロゴバ

「キャップ、スニーカー、ロゴバッグを合わせてスポーティに。ニットが個性的な分、ボトムスはシンプルに徹して大人っぽく着こなします」(佐藤さん)
knit:DÉPAREILLÉ pants:nissen,slattgir. ×Takumi Sato bag:michino PARIS shoes:New Balance cap:BANANA REPUBLIC

3.ニュアンスカラーでまとめて女性らしく

「ニットとロングブーツの色味を

「ニットとロングブーツの色味を合わせて、すっきりと。スカートコーデは極力スタイリッシュに見せたいため、トレンドの筒太ブーツよりタイトなデザインの方が好みです」(佐藤さん)
knit:DÉPAREILLÉ skirt:CAST: bag:Strathberry boots:quartierglam

 

取材/岸本真由子 編集/浅田くみ子(CLASSY.ONLINE編集室)

ニットコーデ 関連記事

【シンプル服が見違える!】佐藤匠流・アクセサリーの合わせ方

ポンチョは寒い?着膨れする?【ETRE TOKYO】のポンチョが優秀♡

アルアバイルの「新作ニット」がこの時期、大活躍!

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus