特集

2022年はノットブラック!足元を変えるだけで、グッとこなれる

いつものオシャレもちょっとしたさじ加減で、今っぽくなったりするもの。そこでこの季節に注目したいのが足元の見せ方。CLASSY.LEADERSのファッションリーダー佐藤 匠さんが推薦する“白ブーツ”を取り入れるだけで、いつものカジュアルがぐっとオシャレ上級者に!さらに季節つなぎにも使える便利な活用術まで伝授します。

前回の記事はこちら

「飽きたら、買う」その前に•••ニットの味変、3パターンやってみて!

【NGコーデ】“デニム×黒ブーツ”は、失敗じゃないけどちょっと無難な印象…⁉︎

takumi

「ブルーデニムに黒のニットと、プレーンなコート……。絶対に間違いのないコーディネートだけど、毎年同じように着ている気がするし、ちょっとマンネリ感も否めません」

【OKコーデ】白のサイドゴアブーツを投入するだけで、こなれ感とモード感の両方が手に入る

takumi

「ベーシックな装いって足元次第ですごく印象が変わるんです。そこで注目したのがボリューム感のあるサイドゴアブーツ。厚底ソールやシルエットのゴツさでモード感が簡単に出せるうえに白を選ぶことで辛口過ぎず、クリーンで優しい雰囲気に仕上がるんです。ブーツインはせずにストンと自然に取り入れるのがポイント!」ブーツ:both コート:CINOH ニット:HOUSE OF LOTUS  キャップ:ZARA バッグ:VASIC

takumi

「昨年から足元のトレンドカラーが黒→ベージュ→白と、巡ってきたんですが、今は白がしっくりきます。こちらは『both』というパリ生まれのブランド。足がちょっと大きく見えるような厚底でボリューム感のあるデザインを選ぶとうまくいきます」

春になったら、こんなコーデもあり!

takumi

「ベージュトーンのロングワンピの足元に取り入れて。Iラインシルエットのワンピにゴツメの足元のギャップで、旬のワントーンスタイルが新鮮に映ります。バッグは強すぎる黒ではなく、濃ブラウンのバッグで優しく馴染ませて。足元が少し個性的な分、シンプルに徹するのがワントーンスタイルを成功させる秘訣です」ブーツ:both ワンピース:Lachement バッグ:THE ROW ネックレス:HAPRO

合わせて読みたい

【防寒重視ダウン】ダサく見える問題を佐藤匠がちゃちゃっと解決!スカート編

佐藤匠のカジュアルになりすぎないスニーカーコーデ【スカート編】

佐藤匠のカジュアルになりすぎないスニーカーコーデ【パンツ編】

撮影/杉本大希 ヘアメーク/小松胡桃(ROI)モデル/佐藤 匠(CLASSY.LEADERS) 取材/さとうかな子 編集・構成/浅田くみ子(CLASSY.online編集室)

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus