特集

実はもう古い!大人女子の「2つの定番アイテム」コーデ

「コレにはコレでいっか」なんて何年もしているその組合せ、本当に着たくて着ていますか?ずっと鉄板だと思っていた着こなしも、たった1点更新するだけでもっとオシャレにできるんです。「今ならこっち」なアイテムを取り入れたら、いつものシーンもたちまち新鮮に。

実はもう古い!大人女子の「3つのモテ服」コーデ

【休日カジュアル服編】
理由なくはいていた黒スキニーを「レギンス」に

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    制服並みにはいていた黒スキニーを思い切ってレギンスに。足首などの細い部分がきちんと細く見えて、見慣れたはずのバランスが新鮮に。

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    After
    頑張りすぎない抜け感が魅力の名品レギンスですべて上手くいく

    お尻をすっぽりと覆うトップスの日はレギンスの出番。一度はいたら病みつきになる抜群の着用感が、休日に相応しいリラックスムードを運びます。レギンス¥14,200(lululemon)シャツ¥35,200(ウーア/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)バッグ¥29,700(L4K3/zenstyle)スニーカー¥74,800(フィリップモデル/トヨダトレーディング プレスルーム)サングラス¥40,700(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥9,790(リリーズ/フォーティーン ショールーム)

そのコーデ、実はもう古いです「ボトムスは黒スキニー」

「ぺたんこと言えばコレ」だったバレエシューズを「ローファー」に

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    休日をノーストレスに過ごすためのぺたんこ靴。ポストバレエシューズとして、どんなコーデも品よく引き締めるローファーが活躍します。

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    After
    スカートとも相性◎正統派ローファーを休日もスタメン指名

    オンオフ履けるプレーンな1足。ローファー¥24,970(パスクッチ/シップス プライマリー ネイビー レーベル)カーディガン¥11,880(SNIDEL/SNIDELルミネ新宿2店)タンクトップ¥7,700(スリードッツ/スリードッツ青山店)スカート¥30,800(アダワス/ショールーム セッション)バッグ¥30,800(ヴァジック/TOMORROWLAND)ネックレス¥42,900〈アルポ〉リング¥25,300〈ペヨテバード〉(ともにZUTTOHOLIC)バングル¥29,700(アダワットトゥアレグ)

そのコーデ、実はもう古いです「靴はバレエシューズ」

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE)〈人物〉、清藤直樹(静物) モデル/鹿沼憂妃  ヘアメーク/森 ユキオ(ROI) スタイリング/中村真弓 イラスト/ery 取材/濱口眞夕子 撮影協力/土手の伊勢屋、ovgo B.A.K.E.REdoSt 再構成/Bravoworks.Inc

「そのコーデ、実はもう古いです」関連記事

そのコーデ、実はもう古いです「靴はバレエシューズ」

そのコーデ、実はもう古いです「ボトムスは黒スキニー」

そのコーデ、実はもう古いです「デート服にピンク」

そのコーデ、実はもう古いです「デートに花柄ワンピ」

そのコーデ、実はもう古いです「デート服にレーススカート」

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にカーディガン」

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にとろみブラウス」

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にクロップトパンツ」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus