CLASSY.

特集

【セリアetc.】“吊り下げ収納”で快適なクローゼットへ!優秀ハンガー3選

クローゼットの中身が把握しきれなくて、日々のコーディネートや衣替えが大変……。そんな日々の身支度と収納の手間を改善するべく、以前から人気があるのが、ワードローブの”吊り下げる収納”。

一目で見渡せるため、コーディネートがしやすく、洗濯して取り込んだらそのまま掛けて収納できる、衣替えもハンガーの下げる位置を入れ替える程度で完了……と、良い事づくしなのです。しかしそこには、”吊り下げる収納”ならではのデメリットも。

そんな、ハンガーに掛けて収納する際の、いくつかのデメリットの解決に一役買ってくれるハンガーをご紹介します。

1.「全部掛けたらスペースが…」を解決!細くて丈夫なステンレスハンガー

細いステンレスハンガーなら、丈夫でたわむこともなく、サビにくい。さらに、洗濯後にそのまま干して、そのまま収納という流れにもピッタリです!

2.「洋服がずり落ちてストレスになりそう」を解決!ノンスリップのハンガー

100円ショップでも手に入る、ノンスリップの加工がしてあるハンガー。(写真はセリア『すべりにくいノンスリップハンガー溝付き4P』¥100)

こちらなら、襟元が広く開いたトップスも、滑り落ちることなく安定した状態でハンガーに掛けて収納できます。

3.「ニットの肩が出ちゃったらイヤ」 を解決!『マワハンガー』

質の良いノンスリップ加工が人気の『マワハンガー』。(写真はマワショップジャパン『マワハンガー エコノミック 36』10本セット¥3,000)

レディースとメンズでハンガーのサイズが選べたり、吊り下げるための収納グッズのラインナップが豊富です。

なかでも、この『エコノミック36』はラインが丸く、生地を引っ張らないので肩が出にくい便利なハンガー。厚さも1㎝と収納力もアップできる、オススメのハンガーです。

 

今や、多種多様な工夫を凝らした商品があるハンガーで、デメリットを解決しながら、快適なワードローブの“吊り下げ収納”にチャレンジしてみませんか。朝の身支度がスムーズになり、手間もかからないのに乱れにくいクローゼットを目ざしたいですね。

 

文・画像/sumiko

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE