特集

【今どきカップルの結婚式】TRUNK(HOTEL)で叶った憧れのカジュアルウェディング

6年間の交際の末、結婚に進んだ深澤夫婦。コロナ禍で挙式自体は半年ほど延期になりましたが、憧れのガーデンウェディングをスタイリッシュなチャペルが魅力のTRUNK(HOTEL)で開催。ナチュラルな緑と輝く光が美しいコントラストを広げる、カジュアルウェディングの様子をリポートします。

前回までのインタビュー

【私たちが結婚するまで】「カッコいいけど、性格に難ありそう」からトントン拍子で交際に発展

今回紹介する「深澤久実さん&龍一さん夫妻」

【今どきカップルの結婚式】TRUNK(HOTEL)で叶った憧れのカジュアルウェディング

▪️Profile
深澤久実さん(30歳・営業事務)

青山学院女子短期大学を卒業後、アパレル関係に就職。婚約をきっかけに、もっと彼と一緒にいる時間を作りたいと思い、お互いに休みが合う事務職へと転職。現在は、休日に彼と一緒におでかけをしたり、家でのんびりする時間を楽しんでいる。
深澤龍一さん(30歳・飲食関係)
帝京平成大学柔道整復学科卒業後、接骨院に就職し27歳まで勤務。その後、飲食関連事業を始め、現在はマネージャーとして勤務。趣味はゴルフとNetflixでアニメ鑑賞。

▪️2人の結婚年表
2015年3月29日 交際スタート
2020年8月8日 プロポーズ
2021年1月30日 入籍
2022年1月9日 挙式

TRUNK(HOTEL)でゲストと距離の近いアットホームな挙式&披露宴

  • ▪️Profile 深澤久実さ
  • ▪️Profile 深澤久実さ

結婚式はTRUNK(HOTEL)にて約100名(半分は親戚でした!)を招待して挙げました。ガーデンウェディングがよかったのですが、「MORI」と名付けられた木の温もりを感じることができるバンケットルームとテラスは、思い描いていた雰囲気にぴったりでした。チャペルでのリングボーイ&リングガールは私の妹の子供にお願いしました。2人ともたくさん事前に練習して、本番では立派にやり遂げてくれ、大成功!

こだわりの装花は「バラ」をメインで華やかに

  • 結婚式はTRUNK(HOTEL
  • 結婚式はTRUNK(HOTEL

元々7月に挙げる予定だったのですが、コロナ禍で翌年の1月になったことで、木目調の全体的なブラウンの会場に、緑や赤、ピンクの花を入れて華やかにしました。
TRUNK(HOTEL)では装花に薔薇を使う人があまりいないと聞き、他の人がやっていないことをしたいと思い、薔薇をたくさん使用してもらいました。ブーケに関しても1月の冬の式だったので、寒々しく見えないように、温かみのあるカラーリングの花とこの時季にしか使えない花々をたくさん使用してもらいました。

何よりゲストに喜んでもらえるサプライズを準備

席札にはメッセージとそれぞれの

席札にはメッセージとそれぞれの写真をつけました。友人との写真を用意するなど手間はかかりましたが、多くの人に喜んでもらえたのはとても嬉しかったです。
式の演出としては、私たちの「ファーストバイト」の前にまずはお互いの両親にサプライズで「お手本バイト」をしてもらったのが、盛り上がりました。照れながらも嬉しそうな表情の両親の姿が印象に残っています。ウェディングケーキは装花ともリンクできるラズベリーが載った二段ケーキに即決しました。

メインドレスは後ろ姿も素敵な憧れのプリンセスライン

  • 席札にはメッセージとそれぞれの
  • 席札にはメッセージとそれぞれの
  • 席札にはメッセージとそれぞれの

1着目のウェディングドレスは、式場提携のドレスショップ「MIRROR MIRROR」でセレクトしたアントニオ・リーヴァのドレスに決定。プリンセスラインに昔から憧れていたので、とても嬉しかったです。バックスタイルの大ぶりのリボンがアクセントで、後ろを向いている姿まで可愛いのは高ポイント!チャペルでのヘアメークはシンプルに、メークもナチュラルにしました。披露宴では、ドレスはそのままで、ヘアスタイルでイメージを変更。ふわふわなお団子ヘアにして、ずっとつけたかった、華奢なゴールドクラウンをつけました。

お色直しのドレスは彼との統一感を意識

  • 1着目のウェディングドレスは、
  • 1着目のウェディングドレスは、

お色直しでは、1着目と雰囲気をガラリと変えたかったので、「Cherubina atelier」のオリジナルドレスにしました。決め手はパフスリーブのデザインが可愛かったこと。ドレスが甘めのデザインだったので、ヘアに使ったベロアリボンとシューズ、ピアスはすべてブラックで締めて、メークは赤リップで少し濃い目にして、エッジを効かせた雰囲気にしました。彼のシャツもブラックに変えて、お互いに統一感を出しました。

二次会のエレガントなドレスで雰囲気をチェンジ

二次会は表参道にある「IDOL

二次会は表参道にある「IDOL」で約70名を招待して行いました。TRUNK(HOTEL)と近かったことと会場の広さが決め手でした。二次会のドレスは、ウェディングドレスショップ「Eclat」でレンタル。身体にフィットしたシルエットとロングスリーブのアームのくしゅくしゅデザインが可愛くて、ゲストからもかなり好評でした!オフショルダーのドレスだったので、ダウンスタイルのヘアにして雰囲気をチェンジ。

撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) 取材/高橋沙織 編集/鈴木日向(CLASSY.編集室)

結婚連載 もっと読むなら…

【結婚連載】フォトウエディングは、船上でお互いの趣味を表現!?【今どきカップルの結婚図鑑】

【結婚連載】アンダーズ東京で「エシカルウェディング」をテーマに挙式【今どきカップルの結婚式】

【結婚連載】デートのハプニングがきっかけで同僚から恋人に…【私たちが結婚するまで】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus