特集

【結婚連載】アンダーズ東京で「エシカルウェディング」をテーマに挙式【今どきカップルの結婚式】

アメリカのディズニーワールドで出会った小川夫婦。格式ばった結婚式ではなく、2人らしいオリジナリティのあるカジュアルなwedding night partyが2人の理想でした。ルーフトップテラスのあるアンダーズ東京で行った挙式を今回はリポートします。

前回までのインタビュー

【結婚連載】デートのハプニングがきっかけで同僚から恋人に…【私たちが結婚するまで】

紹介する夫婦は?

【結婚連載】アンダーズ東京で「エシカルウェディング」をテーマに挙式【今どきカップルの結婚式】

■Profile
小川絵奈さん(31歳・動画クリエイターEna Kakuta @enakakuta
大学卒業後、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドにて期間限定で就業。帰国後は、25歳でスケッチモーションクリエイターに。現在は国内外の企業のSNS用動画広告やイラスト制作など多方面で活躍中。花嫁さん向けのWedding design studio(@enakakuta.wedding)のサービスもスタートさせ、100組以上の花嫁さんのオープニングムービー・プロフィールムービー・ペーパーアイテムもプロデュース中。趣味はヘルシー料理作り、腸活、インテリア探し、ダンスなど。
小川備生さん(32歳・釣り具メーカーPR)
卒業後、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドにて期間限定で就業。帰国後は人材系の会社に就職。趣味の釣りが高じて、「次世代の釣り人を発掘するオーディション」に合格し、メディアに釣りの楽しさを発信。その後、同釣り具メーカーに転職、現在はプロモーションとして働く。

2人の結婚年表
2015年3月1日 交際スタート
2019年7月18日 プロポーズ
2020年3月1日 入籍
2021年11月7日 挙式

【会場】ゼロからプロデュースできる「アンダーズ東京」に

結婚式はアンダーズ東京にて84名を招待して行いました。元々、私自身が何組ものお客様の結婚式を仕事でプロデュースしていたので、自身の結婚式ではゼロからプロデュースできる自由度の高い会場を探していました。料理と装花以外は持ち込み料がかからず、1組1組オリジナルの結婚式を推奨しているアンダーズ東京一択! 洗練された大人の空間が素敵なうえに、お料理も美味しくて、ゲストが満足してくれるサービスが手厚い点も大事なポイントでした。

【コンテンツ】オリジナルムービーや新郎新婦でダンスなどで飽きさせない工夫を

挙式のコンセプトは「神秘的な式」。披露宴は形式ばった演出よりもゲストが楽しめるナイトパーティを意識。会場の装花は、アンダーズのルーフトップの緑と会場の装花が繋がるようにして、統一感を出してもらいました。パーティでは、自分たちで制作したスケッチモーションを入れた4本のオリジナルムービーを披露。自己紹介ムービーは、ゲストを飽きさせないよう、幼い頃の写真ではなく動画を入れたのがこだわりです。2人で協力して撮影し、式2日前に無事すべて完成して見たときには、感情がこみ上げてきて泣いたのが思い出深いです。また、2人でルーフトップテラスでファーストダンスも披露。最初から最後まで、自分たちらしい披露宴にできたと思っています。

【ドレス】神秘的で体のラインが美しく見えるシルエットが決め手

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    ドレス選びは母と親友と3人で探していて、彼には一切見せていなかったので、ファーストミートはとても感動しました。メインのドレスはCostarellos(ギリシャのブランド)でマグノリア・ホワイトでレンタルしました。自分の体型が綺麗に見えるVラインで、自分の体にぴったりでした。ビーズによる妖精のような輝きと美しいデザイン&シルエットが、まさに「神秘的な挙式」というテーマに合っていました。

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    お色直しのドレス(2枚目)は姉にロンドンで買い付けてもらったものです。丈や袖も含め、ダンスの踊りやすさ、シンプルながらキレイなラインを演出できたのが良かったです。

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    ドレスがストレートタイプで、歩くたびに足元がチラ見えするため、トータルコーディネートとして靴選びがとても重要に。すごく悩んだ結果、ジミーチュウの靴にひとめぼれして即決。他には見ない甘すぎない形で、特に滑らかなVラインカットが気に入って決めました。またパンプスタイプではなく、かかとの部分は空いているピンヒールなのも、抜け感のある女性らしさが演出され、メインのレースのドレスにぴったりでした。

【ブーケ】色味とサイズ感で変化をつけたブーケ

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    ブーケは姉の友人であるhanawaragai.stores.jp/さんにお願いしました。メインのドレスのブーケは、ロイヤルファミリーのブーケを参考にして小ぶりのシンプルなブーケに。母が好きそうなお花を選びました。

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    お色直しのシンプルなドレスに合わせるブーケは、「自分のお庭からお花をランダムに摘んで来た」をテーマに横長のブーケをお願いしました。横長にすることでよりスタイリッシュになり、ドレスのデザインがしっかりと見えたこと、立体感と細身効果が生まれたことが良かったです。

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    ブーケは後日母と一緒に、自宅で押し花ブーケに加工。場所を取らずにきれいに保管できる押し花加工は、やってよかったと感じています。

【そのほか】ウエルカムプランツやリボンワンズなどこだわりを満載に

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    ウェルカムプランツは、 エシカルを大切にした式にしたかったので、なるべく切り花は使わない会場装飾にしたく、家に持ち帰れるウェルカムプランツを用意しました。入り口で好きなプランツを選んでもらい、ゲストがテーブルにコーディネートしてもらうことで会場のアート空間が完成する演出に。ウェルカムプランツ用の説明書きボード、持ち帰り用袋も私が制作しました。

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    リボンワンズも、サステナビリティの観点から、フラワーシャワーではなくこちらを採用。写真でもキレイに見えるスティックの長さと、リボンの長さを研究しました。

  • 挙式のコンセプトは「神秘的な式

    ウェルカムメッセージは、私たちのロゴをスマホでかざしてもらうと、画面上に二人からのウェルカムメッセージが流れるARカードを受付で配りました。

さらにフォトウェディングの様子ほか、内容は盛りだくさん。インタビューはまだまだ続きます。
撮影/有馬秀星(MOUSETACH) 取材/高橋沙織 構成/鈴木日向(CLASSY.編集室)

今時のウェディング事情 もっと読む!

コロナ禍のリアルな「結婚式事情」【延期中にフォトウェディング編】

コロナ禍のリアルな「結婚式事情」【少人数でホテルウェディング編】

コロナ禍のリアルな「結婚式事情」【密にならないガーデンウェディング編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus