特集

10分で完成!味しみ「肉豆腐」の作り方【和食の基本】|モテる簡単おかず

「男は胃袋で掴む」とはよく耳にしますが、実際に「ぱぱっと本格的な和食を作ってもらえたらキュンとする」という男性は多いものです。緊急事態宣言が解除されて、徐々におうちデートなども増えていくはず。そこで今回は、たったの10分で作れる「肉豆腐」のレシピをご紹介します。簡単なのに、居酒屋顔負けクオリティ!気になる彼に振る舞ってみて。

今回作る献立はこちら!

10分で完成!味しみ「肉豆腐」の作り方【和食の基本】|モテる簡単おかず

主菜 肉豆腐
副菜 豚汁、いんげんのごま和え

鍋でさっと煮るだけで、すき焼き風のおかずとなる肉豆腐は、忙しい日にも大活躍。溶き卵を添えても美味しくいただけます。体が温まる具だくさんの豚汁は、男子人気の高い一品です。いんげんの和え物は、香ばしい炒りたてのごまで。

1. 主菜「肉豆腐」

実は冷蔵庫にあるものでさっと作れる時短料理。男性ウケも抜群です。

材料 2人前

牛薄切り肉 ─ 160g
絹ごし豆腐 ─ 1丁
玉ねぎ ─ 1/4個
オクラ ─ 4本
A
・だし汁 ─ 100㏄
・砂糖 ─ 大さじ2
・酒 ─ 大さじ2
・醤油 ─ 大さじ2
・だし汁 ─ 1/2カップ

◆あわせて読みたい

おうち時間で料理スキルアップ!「和食の基本」おさらい講座【だしの取り方編】

作り方

1. 牛薄切り肉は一口大に切る。絹ごし豆腐は8等分に切る。玉ねぎは繊維に沿って1㎝幅に切る。オクラはへた周りにあるがくを切り落とす。
2. 鍋にAを入れて煮立たせ、1の豆腐と玉ねぎを加えて中火で2~3分煮る。
3. 2に1の牛肉とオクラを加え、中火で4分ほど煮て、器に盛る。

POINT

  • 1. オクラはがく部分を切り取ると食感よく仕上がります。

  • 2. 牛肉は火を通しすぎると硬くなるので気をつけましょう。

2. 副菜①「豚汁」

じゃがいもやさつまいも、ごぼうなどお好きな具材を入れてもOKです。

材料 2人分

豚薄切り肉 ─ 150g
大根 ─ 100g
かぼちゃ ─ 100g
人参 ─ 30g
油揚げ ─ 1/2枚
だし汁 ─ 800㏄
味噌 ─ 70g
ごま油 ─ 大さじ1
万能ねぎ ─ 1/4本

作り方

1. 豚薄切り肉は一口大に切る。大根と人参は皮をむいて短冊切りにする。かぼちゃは皮付きのまま薄切りにする。油揚げは短冊切りにする。
2. 油揚げは熱湯で20秒ほど茹でてざるに上げ、油抜きする。
3. 鍋にごま油を熱し、豚薄切り肉を入れて色が変わるまで炒める。
4. 3に大根と人参を加えて全体に油がまわるまで炒める。
5. 4にかぼちゃと油揚げを加え、だし汁を入れて材料が軟らかくなるまで煮る。
6. 5に味噌を溶き入れてひと煮立ちさせる。器に盛り、小口切りにした万能ねぎをのせる。

◆あわせて読みたい

おうち時間で料理スキルアップ!「和食の基本」おさらい講座【だしの取り方編】

料理が壊滅的に苦手な人へ|今さら聞けない「下ごしらえの基本」【おうち時間で花嫁修業】

3. 副菜②「いんげんのごま和え」

ひと手間かけてごまを炒ることで、おいしさアップ!

材料 2人分

いんげん ─ 100g
白ごま ─ 大さじ2と1/2
砂糖 ─ 大さじ2
醤油 ─ 大さじ2

作り方

1. いんげんは塩少々(分量外)を加えた熱湯で3分ほど茹でてざるに上げ、3㎝長さに切る。
2. 白ごまはフライパンでから炒りして、すり鉢で半ずりにする。
3. 2に砂糖と醤油を加えてなめらかになるまで混ぜる。
4. 3に1を加えて和え、器に盛る。

POINT

白ごまは香りと食感が楽しめるよ うに、粒が半分くらい残る半ずりにします。

教えてくれたのは...田中伶子先生

田中伶子クッキングスクール代表。全国料理学校協会理事、東日本料理学校協会副会長、NPO日本食育インストラクター協会理事。福岡女子大学卒業後、1964年に料理教室を開設。家庭料理の基礎から食のプロ養成まで指導にあたるほか、TV番組の出演や雑誌の執筆、食品・流通・広告会社等での商品企画、講演会など幅広く活躍中。

取材/首藤奈穂 撮影/馬場わかな スタイリング/佐々木カナコ、来住昌美 調理アシスト/中村奈津子、戸嶋幸江、杉本涼子、戸崎小百合、廣瀬弘子 再構成/CLASSY.ONLINE編集室

※この記事は『結婚できる和食教室』(光文社刊)を再構成したものです。
購入はこちらから

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE