CLASSY.

マナー

「誰何」=?「だれなに」とは読みません!読めそうで読みまちがいやすい漢字5選

それぞれの漢字は簡単なものであっても、実は読み方が複雑で誤読しやすい漢字ってありますよね。

今回は、そうした“読めそうで読めない漢字”をピックアップしてご紹介。日常的に見聞きするような言葉であっても、意外と読めない……なんてこともあるのかも!?

1.「誰何」

「誰?」「何?」とまるで質問しているかのような「誰何」。意味もそのままで「“誰だ”と名前を問いただすこと」です。たとえば「警察に誰何された」のように用いられます。

そんな「誰何」の正しい読み方は……

 

すいか」です。「誰」を「すい」と読むため、なかなか読み方をイメージしづらいかもしれません。“「誰」を「すい」と読むこともある”というよりも“「誰何」=すいか”とワンセットで覚えるほうが良いでしょう。

2.「薀蓄」

漢字を見ただけでは、いったい何を表しているのかが分かりにくい「薀蓄」。「蘊蓄」と表記する場合もあります。

「畜」はともかく「薀」は漢字自体、見慣れないという人も多いのではないでしょうか。

「薀蓄」とは「蓄えた知識」のことを言います。「おんちく」ではありませんよ。そんな「薀蓄」の正しい読み方は……

 

うんちく」です。ちなみに「薀蓄」という漢字の「薀」にも、「蓄」にも「蓄える」という意味があります。

3.「四方山」

「四方山」とは「いろいろ」「世間のさまざまなこと」を意味する言葉です。「四方山」を使った言葉で、よく聞くのが「四方山話」でしょうか。「四方山話」とは「雑多な世間話」のことを言います。

そんな「四方山」の正しい読み方は……

 

よもやま」です。ちなみに宮城県に「四方山」と同じ漢字の山が存在しますが、そちらは「しほうざん」と言います。

4.「姦しい」

「女」という漢字を三つ合わせて「姦しい」。「姦しい」とは「騒がしくてうるさいこと」を意味する言葉です。

よく「やかましい」などと間違えてしまいがちですが、「やかましい」は漢字で「喧しい」と書きます。

では、「姦しい」は何と読むのでしょうか。正しくは……

 

かしましい」と読みます。ちなみに「喧しい」と書いて「かしましい」と読む場合もありますよ。

5.「燥ぐ」

「浮かれて騒ぐこと」を「燥ぐ」と言います。よく「小さな子供が燥ぐ」などといったように用いられる言葉です。

「乾燥」の「燥」から「そうぐ」、似た形の漢字「操」から連想して「あやつぐ」などと読むのは誤りですよ。「燥ぐ」の正しい読み方は……

 

はしゃぐ」です。ちなみに「桶が燥ぐ」といった場合だと上記の意味ではなく「乾く」という意味での「はしゃぐ」になります。

 

いかがでしたか? 意外と、読めそうで読めない漢字が多かったのではないでしょうか。この機会に、あらためて正しい読み方を覚えておきましょうね。

合わせて読みたい「間違いやすい漢字」

「続柄」=「ぞくがら」?「熟す」=「じゅくす」?読めそうでも間違いやすい漢字5選

「出納」=「しゅつのう」?「言質」=「げんしつ」?実は読み間違えの多い漢字5選

「吹聴」=「すいちょう」?「論う」=「ろんう」?実はみんなが読み間違えている漢字5選

「御用達」=「ごようたつ」?「他人事」=「たにんごと」?読み間違いが多い漢字5つ

「免れる」=まぬがれる?「代替」=だいがえ?読み間違えてしまいがちな漢字4つ

参考文献/日本語倶楽部〔編〕『読めないと恥ずかしい漢字 完全制覇本』河出書房新社

文/大内千明 画像/Shutterstock(Eviart、Roman Samborskyi、Star Stock、fizkes、Roman Samborskyi)、PIXTA(ピクスタ)(tama)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE