「25歳の今、お芝居が楽しい」俳優・石井杏奈さんの“お仕事論”とウェルビーイング

映画にドラマ、CMと多方面で活躍している俳優の石井杏奈さん。25歳にして11年の俳優キャリアを持つ石井さんに、演技に向き合う今の心境、心も体もハッピーでいるために心がけていること…たくさんのトピックスについて等身大の言葉で語ってくれたインタビューをプレイバック!

多感な時期ならではの葛藤、悩み、失敗…舞台『SHELL』が描くもの

—11月11日から公演が始まる

—11月11日から公演が始まる『SHELL』で演じる主人公・希穂は、少し不思議な特性をもった人物です。台本を読んだ感想を教えてください。
いちばん最初に読み終えたときは「あれ? 結局希穂は誰なんだっけ?」と不思議な気持ちになりました。何度も繰り返して読んでいくうちに、ファンタジー要素がありながらも共感できる部分がたくさんあると気づけました。読むたびにストーリーの様々な面が見えてきて、そこに面白さを感じました。葛藤したり、悩んだり、失敗したり、高校生という多感な時期特有の出来事や感情が詰め込まれているところも、ストーリーに引き込まれるポイントだと思います。

—とくにどんな部分に共感しましたか?
希穂の人との向き合い方は素敵だな、と感じました。私自身も「こういう人でありたいな」と思う姿がありますが、同じように希穂にも理想があって、そこに近づくためにひたむきに周囲と向き合う姿勢は共感できる部分でした。

「お芝居って楽しい」と思えるのは、プレッシャーや悔しさがあるからこそ

—キャリアに悩んだり、失敗して

—キャリアに悩んだり、失敗して落ち込むことはありますか?
自分の思い通りの表現ができなかったり、相手のお芝居にしっかり応えられなかったりすると結構、落ち込みます。でもいつからか、その処理が上手くなりました。悔しくて家で泣くこともありますが、「これが今の実力だから、がんばらなきゃ」と未来に向かえるようになったのは大きな変化です。そう思えるようになったのは、二十歳の頃。当時、ライブとドラマを両立していてとても忙しく、寝る時間も少なくて。その時期に自分の機嫌を自分で取ることの重要さを感じて、「せっかくなら忙しい毎日も楽しもう!」と楽観的に考えられるようになったんです。悔しいことも多いですし、プレッシャーに負けそうになることもあるけれど、そういったものを乗り越えてこそ「お芝居って楽しい」と思えます。

—今年、25歳。実際に25歳を迎えていかがですか?
基本的には何も変わらないですが、「大人になったな」と感じることが増えました。私の母が25歳のときには、もう兄も私も産んでいました。この歳で自立して、二児の母だったんだと思うと、改めて母の偉大さを感じます。あとは、10代の頃から活動していたこともあって、「まだ○歳なんだね」と言われることが多かったのですが、25歳になると「もう25歳なのね」という反応が増えました。それがいちばん変わったことかもしれません。

「自分が元気でいることが、周りの人の幸せにも繋がる」そのために心がけているのは…

—石井さんが毎日を心地よく過ご

—石井さんが毎日を心地よく過ごすために、意識していることを教えてください。
寝ることです。自分的研究の結果、どんなに忙しくても5時間睡眠が必要だとわかりました。忙しかった時期に3時間しか睡眠が取れない経験をして、睡眠が足りないと次の日のパフォーマンスが落ちるのを実感しました。頭の回転が遅くなったり、セリフの呂律が回らなくなったり。移動時間も含めて5時間は寝ることを意識したら、調子がよくなったんです。眠いなって思っていると周囲への気も回らなくなるので、しっかり睡眠を取って自分が元気でいることが、周りの人の幸せにも繋がると思います。美容も好きで、お風呂上がりにパックをしたり、プロのメンテナンスを定期的に受けるのも、自分をハッピーにする方法。あとは、2匹の愛犬が最強の癒し。寝るときもずっと一緒です。


舞台『SHELL』

とある高校の放課後の教室。そこには生徒の未羽(みう)、希穂(きほ)、咲斗(さくと)と数名の友達たち。彼らは、突然学校に来なくなった松田先生について、そしてこの学校の問題について度々話し合っている。ある日、未羽は通りがかったビルからマネキンが落ちてくる現場に遭遇する。そのマネキンを抱きかかえていたのは中年男の高木だが、未羽には高木でもあり希穂の顔にも見えるという不思議な体験をする。同じ人間がいくつもの<顔>を持っている。それは、一部の者だけが知っている世界だったのだが、未羽にはそれを見抜く力があった。
希穂たち以外にも、いくつもの<顔>をもっている人々が分かる未羽。様々な登場人物たちがうごめく中で、顔を見抜けて「絶対他者」を繋げてしまう未羽、顔を持つ人々、そして全く分からない人々との間に、摩擦が生じていく…

【神奈川公演】
会場:KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
開催日時:2023年11月11日(土)~11月26日(日)

【京都公演】
会場:京都芸術劇場 春秋座
開催日時:2023年12月9日(土)、10日(日)

公式ホームページ『SHELL』

【衣装詳細】
ニット¥29,700ジャケット¥74,800パンツ¥48,400(ともにBEIGE,/オンワード樫山 お客様相談室 tel.0120-58-6300)イヤリング¥24,200リング¥30,800(ともにLana Swans/SUSU PRESS tel.03-6821-7739)シューズ スタイリスト私物

撮影/永峰拓也(SIGNO) ヘアメーク/八戸亜季子 スタイリング/二宮ちえ 取材・文/坂本結香 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

Pickup