【元・宝塚】「七海ひろきさん」がもしも合コン相手だったなら…【クリエイター男子だった場合の妄想劇場】

弊誌の着回し企画に〝HIROKI〟役で登場するたびに大反響をいただく七海ひろきさん。今回は出演中のドラマ『合コンに行ったら女がいなかった話』にかけて、商社マンとクリエイターという、CLASSY.世代の合コンの相手として多い2つの職種の男性を演じてもらいました。ドラマ撮影の裏話も必見です!

もしも七海ひろきさんがクリエイターだったら…

カメラマンや画家…クリエイターといってもさまざまな職種があるけれど、今回はパソコンに向かって作業するようなデザイナーをイメージして撮影に挑みました。楽しかったです!髪の色と眼鏡のフレームの色をリンクさせたのがポイントですね。

Q.料理は取り分けるほう?して

Q.料理は取り分けるほう?してもらうほう?
基本は「各自セルフで!」と、先に言います!ただ、どちらかというと取り分けるほうかなと思います。その場の雰囲気によるかもしれません。

Q.好きなおつまみはなんですか?
生ハムとチーズ。香りの強いブルーチーズとかもわりと大丈夫です。お酒は、飲めるは飲めるんですけど、たしなむ程度。飲む種類は、強い炭酸などは苦手なので、白ワインとか、カクテルとかを少しという感じですね。

迷いながら作り上げた〝蘇芳〟。ときめきをお届けしたい

――『合コンに行ったら女がいな

――『合コンに行ったら女がいなかった話』は、七海さんたち“男装イケメン女子”が放送前から話題沸騰でした。どんなところが見どころでしょうか。
見どころかあ…たくさんあるからどこにしようかな(笑)。ラブコメということで、キュンが至るところに詰まった作品で、コメディ部分もすごく面白いので、笑いながら楽しんでほしいです。

――七海さんのシーンでキュンキュンするところもあるのでしょうか?
キュンシーンあります!見てくれる方にキュンキュンしてもらえるよう頑張って撮影したので、ときめいてもらえると嬉しいです。

――七海さんのシーンで一番見てほしいところはどこですか。
第3話のバーのシーンですね。接近シーンやエスコートシーンもありますから、ここは単純にときめきポイントがあるんじゃないかと思います(笑)。あとはネタバレになってしまうのであまり言えないですが、最終回です!

――男装女子という珍しい設定ですが、演じるときに気をつけたところは?
宝塚の男役も似ているところはありますが、宝塚では理想の男性を演じるのに対して、今回は“蘇芳”(という女性の役)。役作りの方法は宝塚時代と変わらないですが、いざ演じるとなると力が入りすぎちゃって。だから映像を確認しながら、“蘇芳”により近づくように、考えながら調整していった感じですね。

――役作りはどんなふうにしますか。
まずは原作を読んで、台本を読んで。基本的には原作に忠実に演じることを考えますが、ドラマオリジナルの部分もあるので、そういう部分は頭の中でイメージします。台本に書いてあることを、想像力を膨らませて演じました。大切だなと思うことや、こうしようと思うことは台本に書き込んだりします。あとはメークや衣装の力が大きいです。私は毎回メークをしながら徐々に気持ちを高めていくタイプで、ヘアを整えてもらうときは自分の気持ちが一番上がります。衣装を着るともう役そのものの気分ですが、最終的にはカメラ前に立つとスイッチが完全にオンになります。

フォトギャラリー(全8枚)

Hiroki Nanami
1月16日生まれ。2019年に宝塚歌劇団退団後は、俳優・声優・歌手として幅広いフィールドで活躍中。CLASSY.では覆面アーティスト「HIROKI」として着回しDiaryに過去3度の登場!放送中のドラマ『合コンに行ったら女がいなかった話』への出演のほか、12月にはクリスマスディナーショー、23年2月には舞台『刀剣乱舞』禺伝矛盾源氏物語で歌仙兼定役として出演が決まっている。

ドラマ『合コンに行ったら女がいなかった話』
ドラマ初出演にして初主演を務める七海さんを筆頭に、元宝塚歌劇団男役スターとZ世代から人気を誇る若手注目俳優の共演と〝男装女子〟で話題!(毎週木曜日深夜0時25分~カンテレ、深夜1時〜TOKYO MX)

【衣装詳細】
ニット¥19,800カットソー¥6,930パンツ¥11,000〈すべてビューティ&ユース〉シューズ¥14,300〈アディダス オリジナルス フォー ビューティ&ユース〉(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)メガネ¥74,800(10 アイヴァン/アイヴァン PR)リング〈刻印あり〉¥33,000リング¥27,500(ともにワークスタッド・ミュンヘン/ファッシネイト)

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE)ヘアメーク/塩田勝樹(Sui)スタイリング/富田彩人(White)取材/棚田トモコ 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup