特集

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【花と花が、しなやかに美しく】

ベストセラーの写真集やカレンダー、女性誌の表紙、そしてあのビルボード…写真に詳しくなくたって、きっと作品を目にしたことがあるはず!花ちゃんが絶大な信頼を寄せるフォトグラファー伊藤彰紀さんが連載6回目のゲストです。

前回までの対談はこちら!

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【服も着ない、メークもすっぴんの撮影!?】

今回のゲストは…フォトグラファー・伊藤彰紀さん

Profile
1977年生まれ。ニューヨーク州立大学バッファロー校を卒業後、現地にてフォトグラファーを志す。2003年に帰国後は、ファッション誌をはじめ、広告や写真集、ポートレートなど、幅広い分野で活躍。モデル、俳優、アーティスト、そしてアスリートから指名が絶えない業界の第一人者。

松島 花、花になる枝と絡む肢体がしなやかに美しく

花:NYでは写真の勉強ですか?

花:NYでは写真の勉強ですか?
伊藤:カメラは持っていましたけれど、当時は趣味で撮る程度。大学卒業後は普通の企業に就職するつもりでした。だけど卒業の年に同時多発テロが起きて、就職どころではなくなってしまったのです。
花:あのときNYにいらっしゃったとは…それは大変な経験ですね。
伊藤:そうなんです。じゃあ、どうしようかとなって、カメラを仕事にしてみようと。以前からファッションが好きでしたし、フォトグラファーのピーター・リンドバーグが切り取る女性像も好きでした。そこでそのままNYに残り、フリーアシスタントとしていろんなフォトグラファーの現場で勉強しました。独立してからはありとあらゆる撮影…それこそストリートスナップでもなんでも撮りましたね。
花:そんな時代があったとは、今のご活躍を拝見すると想像がつかないですけれど、初めてご一緒したときからずっと、彰紀さんとの撮影は特別です。彰紀さんと撮影していると写真が好きな気持ちがすごく伝わります。写真に愛があるんですよね。今日は素敵な撮影とお話、本当に楽しかった!

\松島 花ちゃんからコメント/

彰紀さんのカメラの前ではいつも自然体でいられるのはなぜなのか、考えてみました。あるがままの姿を、素敵に切り取ってくれるという信頼感。それに尽きます。自然体というと、あっさりした感じに聞こえるかもしれないけれど、全然そんなことなくて…彰紀さんは納得いくまで撮りきっているのを感じます。想像を絶する多忙さのはずなのに、「写真が大好きだから、なるべく長く撮り続けていきたい」そう。その前のめりな姿勢と、静かに体温高い感じ。大好きです。

撮影/伊藤彰紀(aosora)フラワーアーティスト/川口昌亮(POINT NEUF)スタイリング/斉藤美恵 ヘアメーク/森野友香子(Perle Management) 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

「松島 花さん」関連記事

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【アスリートのように、準備する!?】

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【思い切って…ベリーショートに!?】

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【ふたつの表情】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus