特集

【節約テク】GWまでに洗わないと、ヤバい!?「冬用手袋を自宅で洗う方法」【衣替えのリミット】

すっかり春めいてきた今日この頃、冬物のクリーニングを考えている人も多いのでは?しかし原油価格などの高騰で、クリーニング料金も値上げの動きが出ています。毎年衣替えではクリーニングに出していた「手袋」、今年はおうち洗濯に挑戦してみませんか?簡単で失敗しないコツをお洗濯のプロが伝授します。

すっかり春めいてきた今日この頃

実はダウンも、洗えます!

【節約テク】衣替えはGWまでがリミットの理由は…「ダウンジャケットを自宅で洗う」裏技

春の衣替えはいつするのが正解?

ずばり、ゴールデンウィークが明けるまでがおすすめ!

  • すっかり春めいてきた今日この頃
  • すっかり春めいてきた今日この頃食べこぼしがあり、虫食いの穴があいてしまったニット

冬物の衣替え(しまい洗い)のリミットがGW明けというのは、理由があるんです。これは、衣類を食べる害虫がGW明けの時期から成虫になり、衣類に卵を産み落とす可能性があり、産み落とされた卵が孵化して幼虫になり、衣類を食べてしまうこともあるからです。ちゃんと洗ったはずなのに、翌シーズンに取り出してみたら、虫食いの穴が…。食べこぼしや皮脂などの汚れがついていると、さらに虫食いの原因になりますので、GWが終わるまでに「しまい洗い」をしておきましょう。今年のGWも外出を控えたり、日帰りなど短期間の旅行にシフトされる方も多いかもしれませんので、おうち時間を使って、しっかりと簡単に済ませたいですね。

付着汚れが気になる「手袋」の洗い方

寒い季節に大活躍する「手袋」。

寒い季節に大活躍する「手袋」。ただ、いろいろなところに触れるものなので、付着する「汚れ」が気になりますね。手袋を洗う時は、まず「洗濯表示」を見て家庭で洗えるかをチェック。少し工夫するだけで、型くずれを防ぎながら、すっきりキレイに洗うことができますよ。

  • 寒い季節に大活躍する「手袋」。

    1.まずは自宅で洗えるか、洗濯表示をチェック
    洗い始める前に、必ず手袋タグや商品のパッケージに書かれている「洗濯表示」をチェックしましょう。表にあるマークがついていたら、自宅で手洗い、または洗濯機で洗うことができます。手洗いマークの衣類を洗濯機で洗う場合は、洗濯機で洗えるかどうか洗濯機メーカーの情報を確認しましょう。

  • 寒い季節に大活躍する「手袋」。

    2.前処理をする
    目立つ汚れがある場合は前処理をします。指先の部分の汚れは、おしゃれ着用洗剤(アクロン)の原液をつけてキャップの角などでたたいて落とします。シミがある場合は、液体酸素系漂白剤(ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル)をつけておきます。ただし、スマートフォン対応手袋は、導電性の繊維が使用されており、漂白剤を塗布すると反応して発泡したり、変色や穴開き等の損傷が生じたりすることがあるため、使用は避けてください。

    3.「洗濯ネット」に入れる
    洗濯機で洗う場合は、型くずれを防ぐために洗濯ネットに入れます。手袋の大きさに合った、小さめのネットを使うようにすると良いでしょう。※濃い色の手袋は、色落ちや色移りの心配があるので、単独で洗いましょう。

  • 寒い季節に大活躍する「手袋」。

    4.「洗う」時の手順
    【①やさしく洗う】
    おしゃれ着用洗剤(アクロン)を使用し、30°C以下の水でお洗濯します。浮かないようにしっかり沈めて洗います。
    <洗濯機で洗う場合>
    「手洗いコース」「おしゃれ着コース」「ドライコース」「おうちクリーニングコース」など、弱水流のコースを選んで洗います。
    <手洗いの場合>
    全体は「押し洗い」、指先などは、手のひらで握ったり離したりする「つかみ洗い」をします。もみ洗いやこすり洗いをすると、縮んだり型くずれしたりすることがあるため避けましょう。

  • 寒い季節に大活躍する「手袋」。

    【②柔軟仕上げをする】
    指通りを滑らかにし、ふんわりした風合いに仕上げるために、柔軟剤を使いましょう。

  • 寒い季節に大活躍する「手袋」。

    【③短時間で脱水】
    型くずれを防ぐために、脱水は洗濯機の最短時間に設定して行いましょう。※大切な手袋や、ビーズやスパンコールなどの繊細な装飾がついている場合は、脱水機を使わずにタオルにはさんでタオルドライします。

  • 寒い季節に大活躍する「手袋」。

    5.「干す」時の手順
    【①形を整える】

    干す前にしわを伸ばし、形を整えます。型くずれや洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。両手にはさんで全体をたたき、指先の形や装飾品を整えます。指を1本ずつ軽く引っ張り、カタチを整える
    【②陰干しする】
    風通しの良い日陰に干しましょう。伸びやすい素材の場合は平干しに。平干しネットがない場合は、角ハンガーに「洗濯ネット」を吊るし、その上に手袋を広げて干しましょう。小物干しを使う場合は、乾きやすいように指先の部分を挟んで干すようにしましょう。

  • 寒い季節に大活躍する「手袋」。

    伸びにくい素材の場合は、小物干しやペットボトルになどに干します。

「保管・収納」の方法

⻑期「保管・収納」する場合は、ばらばらにならないように両手を重ねて、たたんで保管します。ウール素材の手袋は防虫剤を忘れずに入れましょう。

教えてくれたのは…お洗濯マイスター 大貫 和泉さん

お洗濯マイスター 大貫 和泉

お洗濯マイスター 大貫 和泉
(消費生活アドバイザー、繊維製品品質管理士 健康予防管理専門士)
プロフィール:
洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。
https://lidea.today/about

情報提供:
アクロン https://acron.lion.co.jp/
ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル https://bright.lion.co.jp/gel/
ソフラン プレミアム消臭 https://soflan.lion.co.jp/soflan/

構成/CLASSY.ONLINE編集室

「洗濯」関連記事

【節約テク】衣替えはGWまでがリミットの理由は…「ダウンジャケットを自宅で洗う」裏技

【節約テク】GWまでに洗わないと悲劇が起きる!?「冬物ニットを自宅で洗う方法」【そろそろ衣替え】

【節約テク】実は意外と洗えてしまう!?「電気毛布を自宅で洗う」裏技【そろそろ衣替え】

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus