特集

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【群を抜いて男前!?な着こなしとは】

今回のゲストはCLASSY.のオシャレ番長、スタイリスト・荒木里実さん。一見対極にいるようで、実は好きなファッションや性格、マインドまで似ているふたり。花ちゃん最愛の白Tを使ったスタイリングをベースにコーデの考え方を語り合います。

前回までのインタビュー

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【あえての、ゆるTじゃない着こなし】

今回のゲストは…スタイリスト・荒木里実さん

Profile
表紙や巻頭企画などを数多く手がけてきた、CLASSY.ベーシックの根幹を担う存在。テイストMIXで奥行きを出した辛口なスタイリングが持ち味で、スタッフやモデルからの支持は絶大。プライベートでは男の子ふたりのママ。

ツイードも、ピンクも、タフに着る、常識にとらわれない自由なマインドで!

荒木:こちらはインに〝プチバト

荒木:こちらはインに〝プチバトー〞を。何枚もストックしてると聞いたことあるけれど、花ちゃんのサイズは?
花:SとXS…XSが多いかな。袖の浮き具合とか襟元のバインダーとか本当に優秀なんですよね。きちんと感も出るし。ちなみにツイードジャケットは未知の領域でした。キレイめにまとまりすぎちゃいそうで、って。でも着ると全然甘くない。このバランス作りの秘密が知りたい!
荒木:きれいにまとめると確かにね。ボトムはやっぱりカジュアルなものを。今回はタイパンツ。王道はデニムだけど、チノやベイカーパンツも似合うと思う。
花:Tシャツや足元のサボがいいですね。
荒木:ツイードを柄と捉えて、糸の一色、ピンクをパンツに…インスタで花ちゃんがピンクonピンク着てたでしょう?似合っていたし可愛かった。
花:ピンクのパンツの発想がなかったけど、あれがアイデアソースだとは(笑)。
荒木:やっぱりどこかに花ちゃんらしさを出したいじゃない?崩しても上品だし、育ちのよさが感じられて。今日もまさにイメージ通り。
花:嬉しいです。荒木さんのスタイリングは、どこかに私らしさを盛り込んでくれているのが伝わる。だからかな、スッと入り込めて心地いい!

\松島 花ちゃんからコメント/

荒木さんのスタイリングは、CLASSY.の中でも群を抜いて男前。気持ちがアツくて現場でもいつも真剣に寄り添ってくれる。だけどあくまでもカラッとしているから、私にとっていつも心地いい存在です。今回は私らしさあふれるNEWベーシックを提案してくれました。まるで私服のように、でも新鮮な気分で着こなすことができて楽しかった。30代になり、ずっと苦手だった甘いテイストに少しずつ向き合い始めた私にとって、道筋を示してもらえたような、素晴らしいセッションでした。

撮影/宮下昌生 モデル/松島 花 スタイリング/荒木里実 ヘアメーク/桑野泰成(ilumini) 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

「松島 花さん」関連記事

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【アスリートのように、準備する!?】

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【思い切って…ベリーショートに!?】

CLASSY.カバーモデル、松島花の「プロフェッショナル」【ふたつの表情】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus