特集

【過干渉な母への対処法】自己主張は無駄、スルースキルを磨きましょう

CMでも広告でも母娘は〝仲良しで当然〟かのごとく描かれるばかり。身近な友人でさえSNSで〝いかに母と仲良しか〟を強調するポストをしていたり。ですが、本当に母娘は絵に描いたような仲良しじゃないといけないのでしょうか?いいえ、無理しなくていいんです。人には人の、母との距離。

【母の思いやりのない言動にがっかり】嫌いじゃないけど母が苦手、そんな悩みの解決策は?

信田さんから、30代の“娘たち”に伝えたいこと

「お母さんと仲良しじゃないとダメ」なんてことはありません。母娘問題はどの家庭にもあること。自分自身を否定せず、あなたらしさを貫いて。

お母さんが変わることはありません。そのなかでできることはあなたのスルースキルを上げること。「言うことを聞いたフリ」したっていいんです。

「自己主張すればお母さんが変わ

自己主張すればお母さんが変わってくれる、という期待は叶わないと思ったほうがいいです。母と娘の溝って娘にしか見えないもの。お母さん側は娘とうまくいっていると思っていることがほとんどです。でもそう思わせておくのが一番。お母さんがAという答えを求めているのならAと答えて実際にはBでもいいんです。それは誠実ではない…と罪悪感を持つ必要はありません。感情のついていない言葉を言うということも大事。お母さんは心がこもっていないことに気づくでしょうけれど、そう言うなら仕方ないと諦めるもの。うまくやっていこうと思ったら演技も必要ですよ」

一緒に考えてくれたのは…

公認心理師・臨床心理士/信田さ

公認心理師・臨床心理士/信田さよ子先生
原宿カウンセリングセンター顧問、NPO法人RRP研究会代表理事。カウンセリングのほか、親子関係、DV、虐待を扱う著書も多数。最新著『アダルト・チルドレン』(学芸みらい社)

イラスト/ヤチナツ 取材/野田春香 再構成/Bravoworks.Inc

「家族」関連記事

【もしかして毒親?】「母との距離感がわからない娘」あるあるエピソード5つ

【母が自分の理想を押しつけてくる】母との距離感が難しい、そんな悩みの解決策は?

【母の思いやりのない言動にがっかり】嫌いじゃないけど母が苦手、そんな悩みの解決策は?

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus