特集

体の関係になるのはいつが正解?【誰にも聞けない「夜のお悩み相談室」③】

なかなか人に相談しにくいセックスに関する悩みこそ、信頼できるエキスパートに意見を聞きたいもの。2人の性の専門家に女性、男性それぞれの立場で率直なアドバイスをしていただきました。

前回の記事

自分から彼に「したい」と言えません【誰にも聞けない「夜のお悩み相談室」】

【相談内容】体の関係になるベストなタイミングは?

今の彼といつ体の関係になればい

今の彼といつ体の関係になればいいか、タイミングが知りたいです。彼との結婚も考えたいので、一度限りの体の関係にならないようにするにはどうすればよいでしょうか。自分の体やテクニックにも自信がありません。(31歳・独身)

自分も相手もエスパーじゃない!「探り合い」ではなく「話し合い」を

エスコラ茜さん回答

これは文化の違いもありますね。私は4年前までフィンランドに住んでいたのですが、フィンランドでは「付き合ってから体の相性が全然合わなかったことがわかるのはもったいないよね」という考え方で、まずはお互いに体の相性を確認してから付き合うという人も多いです。イメージで言うなら家を買う前の内見や、車を買う前の試乗という感覚ですね。一方で、文化や人によっては自分の中で体の関係を持つまでに期間なら1カ月、デートの回数なら10回と決めている人もいますし、正解はないのだと思います。体の関係になるというのは本来、自分だけではなく相手にもタイミングがあることです。特に日本人は空気を読むのがすごく上手だからこそ、忍者のようにお互いのタイミングを察知し合う部分があると思います。

タイミングの次に大切なのは、「体の関係を持つということは自分にとってどういうことを意味しているのか」ということをお互い率直に話し合うこと。それこそ、単に内見や試乗のようなカジュアルな感覚なのか、あるいは結婚に結びつくようなことなのか、人によって意味合いが全然違うのでそこを確認し合うことが重要です。ほかにも、「相手の家に行く」ということはどういうことを意味するのかをはっきりしておかないと、「家に来た=体の関係になってもいい」ということなのだと相手に誤解されてしまったり、自分でも知らないうちに相手に思わせぶりな行動をとってしまっているということも起こりえます。手をつなぐことやキス、セックスに関する自分にとっての定義は、相手から聞かれなかったとしても自分から伝えることが重要です。

大切なのはお互いが理解し合うことなので、単純に初めてのタイミングを10回目のデート、出会って1カ月と決めるのは安易な設定かもしれません。反対に、会う回数や期間は関係なく、好意のある2人がお互いのセックスの価値観を共有できたなら、それは2人の関係にとって大きな一歩だと思います。結論としては体の関係になるタイミングには正解はないのでは?と思いますね。自分の体を触ったことがないという人もまだまだ多いですが、セルフプレジャーを通じて自分を知ることもできます。まず自分を知ることで、自分の体やテクニックに自信のない気持ちも変わってくるかもしれません。私たちの運営するプレジャーアイテムが揃うストアfermata storeには、はじめての方にもオススメなセクシャル・ウェルネスアイテムが集まってるので、ぜひのぞいてみてください。

タイミングの早い遅いより重要なのは価値観のすり合わせ

一徹さんの回答

「タイミングはいつでもいい」というのが僕の答えです。あなたが結婚したいと思うほど魅力的な彼なら、すぐにしたいと思うのが自然ですよね? しかも魅力的な男性の場合、タイミングを延ばしている間に他の女性と結ばれてしまう可能性もあると思うんです。ほかにいかれてしまったらご縁がないと思うしかありませんが、僕はそうなるくらいなら体から始まる関係でもいいのでは?と思います。

すぐに体の関係になったとして、それで損をすることってありますか? 僕から見ると「失敗したくない」という気持ちが強すぎて、時間をロスしてしまっているように見えます。仮に体だけの関係になって別れるような彼なら、ご縁がなかったと踏ん切りをつけて次を探したほうがいいと思うし、僕は迷っている間にタイミングを逸して何もないまま終わってしまい、幸せな時間を過ごせるチャンスを逃すほうが悲惨だと思うタイプです。金銭感覚や、結婚願望、子どもが何人欲しいかなど大事な価値観のすり合わせができたら、早めに見極めたほうがいいと思いますね。

一方で、もし結婚や出産をするのにまだ年齢的に余裕があるのなら、体の関係になるまでの2人の関係を楽しむのもいいと思います。待ったぶん、きっと最初の1回はすごく盛り上がるはず(笑)。または試しに3回くらい断ってみると、体だけが目的ではなく本気なのかどうかもわかると思います。

もう一つ気になるのは、この方が「自分の体は彼をつなぎとめるもの」と考えているように見える点です。「体をOKしたからスタート」ということに重きをおくよりも、さまざまな価値観をすり合わせて彼との間に体以外のつながりを見つけていくほうが本当は大切。また、たとえ1回限りの関係になってしまったとしても「自分が体を差し出した」と思うと、体だけ持っていかれたような損をした気分になってしまいますが、「自分も楽しんだし、お互い楽しんだ。でもご縁がなかった」と思えれば気持ちも楽です。

体とテクニックの自信のなさに関しては、気にしなくてもいいと思います。体に自信がなければ照明を暗くすればいいし、もし彼がそれを愛おしいと思えないのであれば、結果的に長くは続かないでしょう。テクニックも、あればあったで「どこで覚えたの?」とびっくりしてしまうと思いますし、何も知らないほうが好きという男性もいるので問題ないです!

相談に答えて頂いたのは

エスコラ茜さん「 fermata」 ビジネスデベロップマネージャー
フィンランド生まれ。フェムテック市場やプロダクトを知り尽くすエキスパート。「タブーをワクワクに変える」をテーマにフェムテック&ウェルネス製品を発信するサイト「fermata」で「FemtecFes!」などのイベントを担当。

一徹さん 女性向けAVレーベル「RINGTREE」主宰
中央大学卒業後、公認会計士の勉強中にAV男優として活動開始、イケメンAV男優として注目を集める。AVレーベル「RINGTREE」を設立し、女性向けアダルトサイト「GIRLS’CH」で配信中。3児の父。

イラスト/大原沙弥香 取材/加藤みれい 構成/中畑有理(CLASSY.編集室)

あわせて読みたい

自分から彼に「したい」と言えません【誰にも聞けない「夜のお悩み相談室」】

彼とのHが気持ちよくないと言えない【誰にも聞けない「夜のお悩み相談室」②】

アラサー女子が知っておきたい、先輩の高齢出産リアル体験談

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus