特集

神崎メリさんがの恋愛格言3選|【悩めるアラサー女子の恋の相談室②】

大人気の恋愛コラムニスト・神崎メリさんがCLASSY.ONLINEに降臨! 「“好き”って何?」「これって脈なし?」「アプリで出会った人と……」などなど“恋愛迷子”のアラサー女子から、リアルなお悩みを募集。思い当たる節がありすぎてグサッととハートに刺さりながらも(!?)、メリさんの的確なアドバイスと愛ある言葉にきっと救われるはず。

合わせて読みたい

神崎メリさんの”恋愛格言”3選【悩めるアラサー女子の恋の相談室①】

Q1.優しいだけの彼を物足りないと感じるようになってしまいました

【お悩み】

30代、相手選びが本格的に分からなくなってきました。今お付き合いしている相手は、本当に穏やかで優しいのですが、それをつまらないと思ってしまう自分もいます…。今まで付き合ってきた相手が、いろいろな意味で刺激的(会社経営者やメンヘラなど…笑)だったのもあります。でも結局、私が精神的に折れて続かなくて。今の彼は心がザワザワしたりすることはない分、「この人のこと、大好き!」と思うことは正直少ないです。そろそろ結婚を考えたいのですが、これから先ずっと過ごしていく相手に対して、こんな感情で大丈夫でしょうか?(31歳・通信関連)

Fromメリさん>>

Fromメリさん>>>
相当贅沢な方ですね、この人は! ビックリした(笑)。結婚するなら、こういう穏やかで優しい人じゃないと、絶対ダメなんですよ! 結婚と恋愛は違うから。結婚をしたら、妊娠したり、仕事が変わったり、長い人生では体調の変化とか、いろいろなことが起こるじゃないですか。そんなときも穏やかで優しい人ならまず喧嘩にならないし、自分の気持ちも安定するし。もうね、婚活市場では優しい男性は「宝」なんですよ!! 刺激的な相手とは、結婚生活は続きません。とにかく「この宝を捨てるなよ」って言いたい。たぶん、あなたと別れたらこの彼は秒で別の相手と結婚しちゃいますよ!
恋愛感情を維持するのって、努力です。それは結婚をしてからも。相手の嫌なところよりいいところを見るのは、努力の継続。それが俺様タイプだったり、モラハラっぽい人のいいところだけを見るってできないはずです。そんなことをしたら女性の精神が破綻しちゃう。それに対して優しい男性のいいところを見ることはできますよね。だから旦那さんが優しい人は、結婚してからも仲良しな夫婦が多いです。彼のいいところだけを見て! 優しい男性なんて、そうそういませんよ!
もしかして彼女が彼の優しさに飽きてきた状態だったり、恋心がなくなってきた状態なんですかね? 相手に飽きるときって、自分が手を抜いていることが多いです。だから相手を変えようとするのではなくて、まずは自分磨きをして、自分が自分に対して新鮮になるべきだと思います。新鮮さは相手に求めるものではなく、自分が変わるべきなんです。あなたがアップデートされれば、彼も刺激を受けますよ。

Q2.「好き」ってどういう感情かわからなくなりました

【お悩み】

大人になるにつれ、「好き」ってどういう感情かわからなくなりました。さらに「どうやって人を好きになるの?」「男性のどういうところを見たら惚れるんだっけ?」と、いろいろ迷子です。傷付くのが怖くて自分の気持ちを塞いだり、甘えるのがより苦手になった気がします…。(31歳・金融)

Fromメリさん>>

Fromメリさん>>>
アラサーになると素敵な男性は既婚者だったり、婚約者がいるので、恋愛対象に入る男性は間違いなく減ってくるんですよね。そうすると結果的に、なかなか好きになれる人に巡り会えない。だからこの相談者さんは、自分が誰かを好きになれないスパイラルに入ってしまっていると落ち込まなくていいんです。大人になれば当たり前のことなので! それが一つ。
もう一つは、大人になると恋愛対象であることに加えて、結婚できそうな男性を選ぶようになりますよね。結婚相手として男性を考えるとき、どうしても女性は減点方式になってしまうんですよ。長男らしいとか、収入、身長、バツなしとか。そうやって減点方式で男性を判断しているときは、人のことを好きになれません。スペックじゃなくて、相手の人柄を見るように自分の意識を変えることが大事。そうすれば人を好きになれる自分に戻れると思います。
大人になればなるほど、恋愛できる人数も減るし、その中で減点していくと、もはや結婚なんて奇跡状態になります。若いときみたいに、人柄やフィーリングを重視してみましょう!

Q3.自分がいいなと思った人からは、アプローチがありません

【お悩み】

自分がいいなと思った人からは、いつもアプローチがありません…。自分はその気がなくても、相手からアプローチしてもらって、お付き合いすることが多くなりました。女は愛されたほうがいいと思ってはいますが、本当にそれでいいのでしょうか?(27歳・商社)

Fromメリさん>>

Fromメリさん>>>
それはもう、愛されたい男に愛される方向に自分で持っていけってことです。「好みじゃない男性からはアプローチされるけど、好きな男性はきてくれない!」こういう相談は本当に多いです。それって、自分の好みの男性へのアプローチの仕方が分からない、または間違っているだけなんですよ。でもポイントは、自分の好みではない男性にはそれができているということ! 例えば、肩の力を抜いて冗談を言うとか、素の笑顔でお話をするとか。それが好みの男性だと構えちゃうんですよね。だから気のない男性にしていることを、好みの男性にもすればいいだけ!あとは大人になると男性も失敗したくない気持ちがあって、押したらいけるだろうなって女の子じゃないと、グイグイいけないんですよ。だからこそ「私はOK!」というサインを自分から出さないと。ただ待っていても男の人は寄ってこない現象が起きてしまいますね。

profile 神崎メリさん・

profile
神崎メリさん・恋愛コラムニスト。「男心に寄り添い、しかも媚びずに、女性として凛と生きる力」=「メス力」として提唱。SNSやブログには共感の声が殺到し、恋愛に悩む女性から圧倒的な支持を集める。近著『大好きな彼のハートを撃ち抜く!恋愛&婚活SNS大作戦』(幻冬舎)では、SNS恋愛迷子から抜け出すための方法が徹底的に綴られている。

イラスト/comorava 取材/広田香奈 編集/前田章子(CLASSY.編集部)

※記事中のリンクから商品を購入すると、売上の一部がCLASSY.ONLINEに還元される場合があります。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE