大人スタイリストさんに聞いた「だらしなく見えないスウェットパンツ」の着こなし方

オシャレな人ほど着ている、スウェット。無理に盛らずさらっと着ているのが素敵だけど、部屋着と紙一重でもある…。ホテルもレストランも…最近どこへ行くにもスウェットという、スタイリスト・斉藤美恵さんに着こなしのコツを聞きました。

スウェット着こなし術「厚手ソックスで完成度を高める」

これからの季節は寒さも相まって悩ましい、スウェットパンツの日の靴下問題。ちぐはぐ感なくまとまるのは、フラットな薄手ソックスよりも厚手タイプ。ニットや凹凸のあるリブ、ラインやカラーなど、存在感のあるソックスを効かせるとバランスよく仕上がります。

あえて“見せる”ソックス使いが上級者見えの鍵
ソックスとスニーカーの色を合わせれば、悪目立ちする心配なし。ニット¥21,500(コス/コス 青山店)マフラー¥8,590(ザラ/ザラ カスタマーサービス)スウェットパンツ¥13,200(カリフォルニア ジェネラルストア/カリフォルニア ジェネラルストア)Tシャツ(2Pセット)¥2,090(フルーツオブザルーム/ギャレット)バッグ¥132,000(ボナベンチュラ)ソックス¥3,850(エイトン/エイトン青山)スニーカー¥31,900(オートリー/トヨダトレーディング プレスルーム)

教えてくれたのは…斉藤美恵さん

教えてくれたのは…斉藤美恵さん
CLASSY.、VERY、VERY NaVYと幅広い世代の女性誌からオンラインメディアまで幅広く活躍。スウェットやスニーカーのカジュアルアイテムも都会的に導くスタイリングが持ち味。自身もスウェット好きで、今季はオペラスポーツの黒スウェットを上下で購入。

撮影/水野美隆 モデル/鹿沼憂妃 ヘアメーク/本岡明浩 スタイリング/斉藤美恵 取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup