「大人がスウェットパンツを着るときの秘訣」スタイリストさんに聞いてみました

オシャレな人ほど着ている、スウェット。無理に盛らずさらっと着ているのが素敵だけど、部屋着と紙一重でもある…。ホテルもレストランも…最近どこへ行くにもスウェットという、スタイリスト・斉藤美恵さんに着こなしのコツを聞きました。

スウェット着こなし術「ジャケットを合わせてみる」

手っ取り早くスウェットをキレイめに寄せるジャケット。オフィシャルなシーンでも対応する黒のノーカラージャケットのように、分かりやすくきちんと感があるものがベスト。Tシャツ+カーデのレイヤードで奥行きを出すのも、スウェットを都会的に導く秘訣。

スマートな黒JKの投入でキリッ

スマートな黒JKの投入でキリッとカッコよく
ジャケット¥39,930(リネイヴ/オンワード樫山)カーディガン¥15,000(バナナ・リパブリック)カットソー¥8,250(ハウント/ハウント代官山/ゲストリスト)スウェットパンツ¥27,500(オートリー/トヨダトレーディングプレスルーム)バッグ¥17,990(ザラ/ザラカスタマーサービス)ソックス(3Pセット)¥1,760(フルーツオブザルーム/ギャレット)ピアス¥16,500(イリス47/フーブス)スニーカー¥18,700(ニューバランス/ニューバランスお客様相談室)

教えてくれたのは…斉藤美恵さん

教えてくれたのは…斉藤美恵さん
CLASSY.、VERY、VERY NaVYと幅広い世代の女性誌からオンラインメディアまで幅広く活躍。スウェットやスニーカーのカジュアルアイテムも都会的に導くスタイリングが持ち味。自身もスウェット好きで、今季はオペラスポーツの黒スウェットを上下で購入。

撮影/水野美隆 モデル/鹿沼憂妃 ヘアメーク/本岡明浩 スタイリング/斉藤美恵 取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup