「ダウンとデニムでも普段着っぽくない大人の着こなし」スタイリストさんの解決法は?

定番服から試してみたいトレンドまで、どんなアイテムも受け止めてくれるデニムはCLASSY.的推しコーデを語るうえで外せない!異なるテイストでキャラ立ちするCLASSY.スタイリストの「とっておきデニムコーデ」に、最新ネタが詰まっていました。

\Q.ダウンの日のデニム、もっと素敵にできますか?/

ベーシックを軸に色味を抑えて〝脱・ほっこり〟がダウンのルール

「ここでブルーデニムを選ぶとカジュアルになりすぎてしまうのでダウンの日のデニムは黒一択。インもタートル1枚ではなくストライプシャツを重ねて『ちゃんとコーディネートした』感を。使う色も抑えて大人っぽく」

デニム¥42,900(シチズン

デニム¥42,900(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)ダウンジャケット¥66,000ベルト¥14,300(ともにウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)シャツ[参考価格]¥47,300(フィナモレ/アマン)ニット¥19,800(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)帽子¥4,400〈ニューエラ〉ソックス¥4,180〈パンセレラ〉(ともにシップス インフォメーションセンター)バッグ¥185,900ブーツ¥113,300(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)サングラス¥46,200(モスコット/モスコット トウキョウ)

\推しデニムコーデを真似したいのはこの人!/
■ベーシック 大野千歩さん
「定番服をきちんと着る」地に足のついた〝大野ベーシック〟にファンが多い。デニムはブルー派で、とくにリーバイス®を愛用。選びのポイントは、しっかりとした肉厚感と発色の美しさ。

撮影/佐藤 彩 スタイリング/大野千歩 取材/濱口眞夕子 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup