「黒のダウンジャケットが、もっさり見えない着こなし」スタイリストさんの解決法は?

定番服から試してみたいトレンドまで、どんなアイテムも受け止めてくれるデニムはCLASSY.的推しコーデを語るうえで外せない!異なるテイストでキャラ立ちするCLASSY.スタイリストの「とっておきデニムコーデ」に、最新ネタが詰まっていました。

\Q.ダウンの日のデニム、もっと素敵にできますか?/

ウールパンツの気持ちではける洗練黒デニムでキレイめをキープ

「細部まで気を配らないと野暮ったくなってしまうダウン×デニム。デニムが浮かないようにグレーのワントーンで全体をまとめて、ジャケットを挟んで、とカジュアルになりすぎないよう、きちんと感を死守します」

デニム¥20,900(オーセン

デニム¥20,900(オーセン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)コート¥69,080(カオス/カオス丸の内)ジャケット¥59,400ニット¥13,200(ともにハウント/ハウント代官山/ゲストリスト)バッグ¥322,300ローファー¥127,600ベルト¥61,600(すべてトッズ/トッズ・ジャパン)サングラス¥42,900(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ネックレス¥8,910(アビステ)

\推しデニムコーデを真似したいのはこの人!/
■コンサバ 乾 千恵さん
大人が着られる品のいい甘さを体現するCLASSY.のフェミニン担当。愛用デニムは厳選10本。セレクトショップのオリジナルモデルなど、コンサバ派ならではの審美眼が光る。

撮影/佐藤 彩 スタイリング/乾 千恵 取材/濱口眞夕子 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup