特集

エディターの「愛用ジュエリー」、手に入れた理由とは【カルティエ、ティファニー…】

打合せをしているとき、ふと目に留まる手元や顔まわりのジュエリー。「素敵ですね、どちらのですか?」の会話から、それぞれ唯一無二の物語があることに気が付きました。素敵な先輩の素敵なジュエリーヒストリーを参考に、〝私だけのジュエリー〟を手に入れるきっかけになれば嬉しいです。

スタイリストの「愛用ジュエリー」、手に入れた理由とは【TASAKI、ティファニー…】

エディター・ライター 西道倫子さん

ジュエリーを意識させないくらい私と馴染ませたいから、ずっと着けています

20代から様々なジュエリーに触

20代から様々なジュエリーに触れてきたなかで、一番自分らしいと思うのはゴールドのスキンジュエリー。大人になるとガツンと効くものが様になる説もわかるのですが、私は身に着けていることを忘れるくらい馴染むものが好き。この2つのブレスレットは日常の所作を邪魔することなく、さりげなく主張するバランスがちょうどよくて、一度着けたらしばらく着けっぱなしのスタメンです。

カルティエを買ったのは、ライターとして仕事の幅が広がり始めた20代終盤。忙しく過ごす毎日のパートナーになるようなジュエリーが欲しくて購入しました。ティファニーTのブレスレットは、2人目の出産を経て、気持ちに余裕が出てきた40歳前後に買ったもの。最低限のジュエリーしか着けない日々が続いていましたが、再び自分のためのおしゃれに向き合うきっかけにもなり、以来ずっと着けたまま。経年変化も楽しみながら愛用中です。

仕事柄、職種問わず多くの人と会いますが、ジュエリーには人柄が表れると思っています。ものを選ぶ際のスタンスや大事にしていることがわかりやすく伝わるものだから「一生もの」と構えすぎず、そのときの自分が惹かれるものを選び、愛着を持って大切にしていきたいです。

西道倫子さんのジュエリーヒストリー

  • 20代から様々なジュエリーに触

    20代前半
    わかりやすいブランドのジュエリーが流行っていた時代。当時タンク フランセーズを使っていたこともあり、カルティエ好きに。ラニエールの3色重ねづけが定番。

    20代半ば
    ライターとしてのキャリアをスタート。ライターアシスタントを経て、独り立ち。読者取材から始まり、次第にファッション特集を任されるように。

  • 20代から様々なジュエリーに触

    20代後半
    雑誌の色石特集でマリーエレーヌ ドゥ タイヤックのネックレスにひと目惚れ。「色石は直感で選ぶといい」と聞き、ドゥロワー青山店で目を奪われたブルーの色石を即決。

  • 20代から様々なジュエリーに触

    30代前半
    AneCanライターとして海外出張も頻繁にあり、多忙を極めていた頃、遅ればせながらピアスデビュー。タイヤックのパイエットピアスを購入したもののパリで紛失。今は星モチーフのピアスを愛用中。

    30代後半
    育児に追われ、ジュエリー熱も落ち着き気味に。よく身につけていたのは、HumのKUMOやティファニーのバイ ザ ヤードのような華奢なひと粒ダイヤのネックレス。

    40歳前後
    子育てが一段落し、仕事もプライベートも充実している今。ネックレス気分が高まって、タイヤックのパイエットネックレスを購入。

エディター・ライター 西道倫子さん

1972年生まれ・ライター歴2

1972年生まれ・ライター歴25年。CLASSY.やSTORYの女性誌から、カタログ、オンラインメディアまで幅広く活躍。美意識が高く、フォトグラファーなどスタッフの信頼も厚い。

撮影/西原秀岳(TENT)  取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

「ジュエリー」関連記事

【ティファニー】20代から50代まで一生使える、素敵な大人の「名品腕時計」

【シャネル】20代から50代まで一生使える、素敵な大人の「名品腕時計」

【カルティエ】20代から50代まで一生使える、素敵な大人の「名品腕時計」

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus