特集

実は古く見える「定番コーデ」をおしゃれに見せる、8つの服

「コレにはコレでいっか」なんて何年もしているその組合せ、本当に着たくて着ていますか?ずっと鉄板だと思っていた着こなしも、たった1点更新するだけでもっとオシャレにできるんです。「今ならこっち」なアイテムを取り入れたら、いつものシーンもたちまち新鮮に。

秋の最旬アイテムで「大人可愛いトレンドコーデ」8選

1.フレアパンツ

キレイめな今っぽさを叶える今季注目のフレアで通勤服をアップデート

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    通勤に相応しいきちんと感が出せる、クロップト丈パンツを旬のフレアに替えてみたら、今っぽさが出て洗練度がアップ!

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    おすすめの「フレアパンツ」
    右/OLの定番白パンツは、今買い足すならほんのりモードな1本を。サイドスリット入り。パンツ¥26,400(エストネーション)左/通年活躍するニュアンスブラウン。サラリとしたはき心地も嬉しい。パンツ¥11,000(ハッシュニュアンス)

◆この記事を詳しくチェックする

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にクロップトパンツ」

2.バンドカラーシャツ

今の気分にちょうどいいバンドカラーと透け感で「カッコいい大人」に

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    「古いかな?」と思いつつ着続けていたとろみブラウスはバンドカラーに更新を。甘めな雰囲気から一変、ハンサムな印象に。

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    おすすめの「バンドカラーシャツ」
    右/上品さが引き立つ比翼ボタン。シャツ¥17,600(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ表参道店)左/刺繍模様で雰囲気たっぷり。シャツ¥50,600(エキップモン/サザビーリーグ)

◆この記事を詳しくチェックする

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にとろみブラウス」

3.薄手ジャケット

サラリと羽織れる薄軽ジャケットできちんと&こなれスタイルが完成

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    OLにとってのカーデの上位互換として、薄手JKが台頭。冷房除けや日差し対策など、カーデが受け持っていた役割もすべてこなします。

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    おすすめの「ジャケット」
    右/シアーな素材感の極薄タイプ。ジャケット¥17,600(ノーリーズソフィー/ノーリーズソフィー大丸東京店)左/カーデ感覚で使える軽やかさが魅力。ジャケット¥24,200(Stola.)

◆この記事を詳しくチェックする

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にカーディガン」

4.シャツワンピ

リネンワンピが持つクリーンな女らしさをさりげなく漂わせて

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    「ちょっと甘すぎ…?」と思い始めたら、花柄は一旦卒業。今はシャツワンピのヘルシーさが、私にも彼にも心地よい。

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    おすすめの「ワンピース」
    右/男子はいつだって白い服がお好き。ワンピース[共布ベルト付き]※一部店舗のみ¥2,490(GU)左/ウエストリボンでアレンジ自在なマルチway。ワンピース[共布ベルト付き]¥26,400(ルーニィ)

◆この記事を詳しくチェックする

そのコーデ、実はもう古いです「デートに花柄ワンピ」

5.チェックスカート

正統派チェックだけが持つ老若男女に響く「品のよさ」

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    レースタイトの色気に頼った日もあったけれど、なんだか今はトゥーマッチ…?カジュアルにも似合うチェックなら、どんなデートでも居心地よし♥

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    おすすめの「チェックスカート」
    右/差がつく別注。スカート¥18,920(オニール オブ ダブリン×デッサン/ワールドインフォメーション)  左/ロンTとも相性◎。スカート¥17,600(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

◆この記事を詳しくチェックする

そのコーデ、実はもう古いです「デート服にレーススカート」

6.モノトーン

いつもの笑顔を引き出すモノトーンでまとめた等身大カジュアル

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    「モテ=ピンク」に無理を感じ始めたら、それはやめどきのサイン。媚びないモノトーンはメンズからも高評価、という新しい情報をお届けします。

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    おすすめの「モノトーンアイテム」
    右/すっきり見えるIラインコーデ。トップス¥14,300(FRAY I.D/FRAY I.D ルミネ新宿2店)スカート¥28,600(RHC/RHC ロンハーマン) 左/昼デートにぴったりなミニ丈。ワンピース¥46,200(マーレット/サザビーリーグ)

◆この記事を詳しくチェックする

そのコーデ、実はもう古いです「デート服にピンク」

7.レギンス

頑張りすぎない抜け感が魅力の名品レギンスですべて上手くいく

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    制服並みにはいていた黒スキニーを思い切ってレギンスに。足首などの細い部分がきちんと細く見えて、見慣れたはずのバランスが新鮮に。

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    おすすめの「レギンス」
    右/ポケット付きでボトムス度がさらにアップした1本。吸汗発散機能生地を使用。レギンス¥18,800(lululemon)左/細見えを叶えるサイドライン入りの長め丈。レギンス¥19,800(ザ・ニューハウス/アーク インク)

◆この記事を詳しくチェックする

そのコーデ、実はもう古いです「ボトムスは黒スキニー」

8.ローファー

スカートとも相性◎正統派ローファーを休日もスタメン指名

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    Before
    休日をノーストレスに過ごすためのぺたんこ靴。ポストバレエシューズとして、どんなコーデも品よく引き締めるローファーが活躍します。

  • 「コレにはコレでいっか」なんて

    おすすめの「ローファー」
    右/シンプル服に映えるパイソン。ローファー¥27,500(ファビオ ルスコーニ&ウォッシュ/WASHルミネ横浜店)左/クラシカルなビット付きデザイン。ローファー¥30,800(ル カ グロッシ/WASHルミネ横浜店)

◆この記事を詳しくチェックする

そのコーデ、実はもう古いです「靴はバレエシューズ」

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) スタイリング/中村真弓 取材/濱口眞夕子 撮影協力/土手の伊勢屋、ovgo B.A.K.E.REdoSt 再構成/Bravoworks.Inc

「トレンドアイテム」関連記事

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にクロップトパンツ」

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にとろみブラウス」

そのコーデ、実はもう古いです「通勤服にカーディガン」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus