特集

フォークリングって?実は知らないファッション用語辞典【4靴・小物編】

雑誌やSNSで飛び交うファッション用語には、なんとなく雰囲気は分かるけど、実は正確な意味を知らない…そんな言葉がたくさん。というわけで、CLASSY.のファッションライターがレクチャー!今まで知ったかぶりをしたり適当にスルーしてきた曖昧な言葉の意味を、今こそ正しく覚えましょう!第4回は靴・小物編です。

あわせて読みたい!

ナロースカート?実は知らないファッション用語辞典【3ボトムス編】

1.「チャンキーヒール」

【安定感があって歩きやすいのに

【安定感があって歩きやすいのに美脚が叶う】

チャンキー(chunky)とは

チャンキー(chunky)とは英語で「ずんぐりした」という意味。チャンキーヒールとは通常のものより太くてずんぐりしたヒールのこと。ヒールの高さや太さに明確な定義はありませんが、安定感があって歩きやすいところが魅力です。

2.「ファランジリング」

【指を華奢に華やかに見せる効果

【指を華奢に華やかに見せる効果アリ!】

指の第一関節と第二関節の間につ

指の第一関節と第二関節の間につける指輪のこと。「ミディリング」「関節リング」とも呼ばれ、手もとのコーディネートの幅を広げてくれるアイテムとして、オシャレ上級者の間で人気のジュエリーになっています。

3.「フォークリング」

【「隙間」のあるデザインが抜け

【「隙間」のあるデザインが抜け感を演出してくれる】

リングの一部が切れてアルファベ

リングの一部が切れてアルファベットの「C」のような形になっているリング。オープンリングとも呼ばれます。数年前に注目を集めて、今では定番のジュエリーのひとつとなりました。イヤーカフとの2WAYタイプも登場したりと、デザインも豊富に揃っています。

4.「フラグメントケース」

【キャッシュレス化の波に乗り需

【キャッシュレス化の波に乗り需要が急増中】

薄型のボディにカードポケット、

薄型のボディにカードポケット、ファスナーポケットの機能のみが備わったスマートなお財布代わりとなるケースのこと。通常の長財布や折財布とは違って厚みがなく、カードケースのような形状になっているのが大きな特徴です。見た目以上の収納力があるデザインも続々登場し、ミニ財布から乗り換える人が増えています。

イラスト/栗尾美月 取材/川西麻依子 構成/月田彩子(CLASSY.編集部)

意味が分かったら、オシャレなコーデをチェック!

2020年春、オシャレに見える靴の条件って知ってる?【❷ヒールの形編】

【ALL1万円以下】今すぐ真似できる「手元アクセの重ねづけコーデ」6連発!

【ロエベ、ボッテガ…】財布じゃない「フラグメントケース」人気のブランド6選

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus