特集

ナロースカート?実は知らないファッション用語辞典【3ボトムス編】

雑誌やSNSで飛び交うファッション用語には、なんとなく雰囲気は分かるけど、実は正確な意味を知らない…そんな言葉がたくさん。というわけで、CLASSY.のファッションライターがレクチャー!今まで知ったかぶりをしたり適当にスルーしてきた曖昧な言葉の意味を、今こそ正しく覚えましょう!第3回はボトムス編です。

あわせて読みたい!

ピーターパンカラー?実は知らないファッション用語辞典【2トップス編】

1.「ティアードスカート」

【映えるスタイリングを約束して

【映えるスタイリングを約束してくれる主役アイテム】

ティアード(tiered)とは

ティアード(tiered)とは、「段々になった」の意味。ティアードスカートとは、ギャザーやフラウンス(ひだ縁飾り。フリルより幅広のもの)を数段重ねて飾ったスカートのこと。重ね合わせることでボリューム感やシルエットに変化が出て華やかな印象に導きます。

2.「ベイカーパンツ」

【きれいめ派にも取り入れやすい

【きれいめ派にも取り入れやすい程よいミリタリー感が魅力】

フロントやバックに外ポケットが

フロントやバックに外ポケットがついたワークパンツのこと。“ベイカー”とはパン職人を指し、パン職人の仕事着だったことからそう呼ばれているそうです。チノパンやカーゴパンツほどメンズライクになりすぎず、コーディネートしやすいことで人気に。

3.「ナロースカート」

【すらりとした縦長シルエットで

【すらりとした縦長シルエットでスタイルアップ】

英語で「狭い、細い」の意味のナ

英語で「狭い、細い」の意味のナロー(narrow)の言葉のとおり、ナロースカートとは体のラインに沿った細身シルエットのスカートのことをいいます。タイトスカートと同類ではありますが、タイトスカートは膝丈なのに対して、今流行しているナロースカートは膝下~足首くらいまでの長め丈のスカートのことを指します。光沢素材のナロースカートが流行しているせいで、光沢素材のスカート=ナロースカートと勘違いしている人も多いよう。

イラスト/栗尾美月 取材/川西麻依子 構成/月田彩子(CLASSY.編集部)

意味が分かったら、オシャレなコーデをチェック!

【今日の服装】大人カジュアルな「ティアードスカート」コーデって?【アラサー女子】

シンゾーンの名品ベイカーパンツ!トレンドのベルト使いにも注目【今日のコーデ|着回しDiary】

細見えとオシャレ感、どっちも叶える♡「ナロースカート」着回しコーデ5選

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus